5区:星創太選手 試合後インタビュー/ニューイヤー駅伝2019



5区(15.8km) 4位 3:29:33/星創太  0:46:29(区間5位)

中村がいい位置でたすきを持ってきてくれて、特にトヨタと旭化成よりも前に来てくれたのが助かりました。一緒に走ったトヨタや旭化成の選手は、明らかに私より力があったので、その選手をうまく使って走ればと思っていました。しかし、最後の3㎞で離されてしまったので、6区・7区の選手に負担をかけてしまったなと思います。

他のチームのオーダーを見たときに、富士通のウィークポイントは私だと思ったので、そこで先行して持っていければ流れは変わっていたかもしれません。8秒の差は短いようで、駅伝になると大きな差になってしまいます。駅伝で優勝するためには先行していい流れを作り、次の選手にたすきを渡すのが鉄則。それをうまく繋げたのがMHPSであり、私たちもそういうレースができれば優勝のチャンスがあるのかなと思います。

次の目標としては3月にマラソンが控えています。去年も同じような予定を組んでいましたが、年明け早々に怪我をしてしまったので、今年はしっかり休み、1月7日からの合宿に備えてマラソンに向けた準備をしたいと思います。


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★ニューイヤー駅伝2019 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★ニューイヤー駅伝2019特集
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】潰滝大記『全部出し切って、1秒でもはやく襷をつなぐ』
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】松枝博輝『悔しさをバネに、もっと強く。そしてファンと喜びの共有を』
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】高橋健一駅伝監督『東日本駅伝で勝った経験が次に繋がる』
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】福嶋正監督『“個性のあるチーム”をひとつに、優勝への足掛かり』
🔗 富士通陸上競技部HP