3区:松枝博輝選手 試合後インタビュー/ニューイヤー駅伝2019



3区(13.6km) 4位 1:37:15/松枝博輝 38:47(区間11位)

良くも悪くも、新年のスタートを切ってしまったという印象です。今大会に関しては、様々な感情がありました。2週間前に胃腸炎になり、スタッフに弱音を吐いたこともあったのですが、『お前ならできる』と言ってもらったりサポートしてもらって、なんとか立て直すことができました。

ここまで練習をしてきたことが自分の支えになっていたので、不安がなかったというと嘘になります。ただ、“やれるんだ”と自分に言い聞かせている部分もあった。それがレースに挑むにあたって、心が足りなかった部分というか、自分の中にどこか弱さがあったのかなと思います。

試合に向けてトレーナーさんになんとか間に合わせてもらったり、たくさんの方に支えてもらったことに関しては、言い表せないほどの感謝の気持ちがあります。信じてくれた人の期待に応えられなかった、それを結果で返せなかったのが、何より悔しいです。駅伝に対する思いというより、チームに対する思いがみんな強くて、今年はより一層悔しさが強く残る大会になりました。

この想いに対する答えは、結果でしか返せないと思うので、これからも個人としてチームとして、それを表明していきたいと思っています。


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★ニューイヤー駅伝2019 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★ニューイヤー駅伝2019特集
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】潰滝大記『全部出し切って、1秒でもはやく襷をつなぐ』
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】松枝博輝『悔しさをバネに、もっと強く。そしてファンと喜びの共有を』
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】高橋健一駅伝監督『東日本駅伝で勝った経験が次に繋がる』
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】福嶋正監督『“個性のあるチーム”をひとつに、優勝への足掛かり』
🔗 富士通陸上競技部HP