1区:潰滝大記選手 試合後インタビュー/ニューイヤー駅伝2019



1区(12.3km) 15位 36:08/潰滝大記 36:08(区間15位)

例年は優勝争いに絡めず、中位を争った中での5位などでしたが、今年は上位を争ったうえでの4位だったので、年々レベルはあがってきているかなと感じています。

優勝するにあたっては、ひとり一人全てを出し切れていない部分があって、その結果としてアンカーの佑輔‏さん(佐藤選手)にトップと秒数差という形で負担をかけてしまったのかなと思います。それでも、2区をキメリが走ったことは良かったですし、だんだん層が厚くなってきているのは収穫だと思います。今回控えに回った選手も今日走った選手に劣らない力を持っているので、スタッフも選ぶのが大変になっている状況なのはいいことだと受け取っています。

個人的にも今年は世界陸上があるので。標準記録を狙っていきたいと思っています。二年前の世界陸上は負傷もあって残念な結果に終わってしまったので、今年は戦えるように頑張っていきたいです。


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★ニューイヤー駅伝2019 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★ニューイヤー駅伝2019特集
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】潰滝大記『全部出し切って、1秒でもはやく襷をつなぐ』
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】松枝博輝『悔しさをバネに、もっと強く。そしてファンと喜びの共有を』
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】高橋健一駅伝監督『東日本駅伝で勝った経験が次に繋がる』
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】福嶋正監督『“個性のあるチーム”をひとつに、優勝への足掛かり』
🔗 富士通陸上競技部HP