第4区 中村匠吾選手 試合後コメント/2018東日本実業団駅伝


第4区 1位 2:11:37/中村匠吾 27:59(9.5km・区間2位)

優勝できて、良かったです。4区までみんながいいところで持ってきてくれたので、自分としてはその流れを崩すことなく、最低限渡すことができました。後半もその流れをしっかりつないでくれたと思います。
3区のキメリの走りは大きかったと思います。そこで差が広がり、いい位置に持ってこられたので、後半の選手はある程度余裕をもって走れました。それでも自分を含めて、後半の選手は軽く緊張を感じながら、順位をキープしつつ次に繋げられたので良い経験になったと思います。

始まる前は優勝が狙えるような状態ではないと聞いていました。ただ、1区~3区の選手を見たら、4区までトップで来る可能性もあるなとは思っていました。そして自分のところでうまくつなぐことができれば、優勝争いに絡むことができるのではないかと考えていました。結果的にミスなく、最後までレースを運べたこと。それが優勝の要因だったのかなと思います。

ニューイヤー駅伝は全く別のものですが、自分が走るならエース区間の4区という自覚は持っているので、この2か月間でしっかり練習を積んで、この勢いを持っていければと思います。マラソンもこの後は東京マラソンを予定しているので、両方でしっかりと結果を残せるように頑張っていきたい思います。

🔗 富士通陸上競技部HP★2018東日本実業団対抗駅伝特集
🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP