第6区 大森澪選手 試合後コメント/2018東日本実業団駅伝


第6区 1位 3:05:40/大森澪 31:17/(10.6km・区間7位)

今まで駅伝は、ほぼ全て1区を走ってきたので、1人で走るような状況がありませんでした。そういった面を含めて、今回は良い経験になったと思っています。もともと調子がよくなくて、直前の練習も外していてガタガタの状態で迎えた今大会でした。それでも、今の状態の力は出せたのかなと思います。

今回優勝という結果を残すことができましたが、このままの状態だとニューイヤー駅伝には選ばれないと思いますし、勝負できるほどの実力だとは思っていないので、これから気持ちを切り替えて、2か月間かけてしっかりと実力を上げていきたいと思います。緊張もありましたが、結構後ろが離れていたのもあって、自分の走りをすることができました。攻めの走りはできませんでしたが、崩れなかったのは良かった点かなと思います。

現状の課題で言うと調子の波が激しく、試合でも不安定なので、ピーキングがうまくいっていない状態です。練習から見直して、そのあたりを改善できるようにこれからは意識していきたいと思います。

🔗 富士通陸上競技部HP★2018東日本実業団対抗駅伝特集
🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP