高橋健一駅伝監督コメント/2018東日本実業団駅伝


完全に駅伝の良い流れに乗ったなというのが一番の印象です。もともと6区・7区含めて不安要素もありましたが、前半でうまく流れに乗ってくれました。今まで良い流れを作れなかった3区でしたが、今回はそこで10秒~20秒リードできたのが大きかったと思います。中盤で逃げに行けると、こんなに楽な展開になるのかと、今回は痛感しました。最終的には、6区・7区もよく走ってくれたと思います。

19年ぶりの東日本実業団駅伝優勝になりましたが、実はその時にゴールテープを切ったのが私でした。現在の選手・スタッフを含めて、富士通の中で貴重なゴールテープを切ったのは私だけだと思っていたのですが、今回で二人目が出現してくれて良かったです。

東日本実業団駅伝で優勝したとしても、ニューイヤー駅伝は甘くありません。今回は他チームがブレーキして勝ったというのもありますし、逆に私たちも普段頑張ってくれている星や横手あたりを外しているので、これからもう一度今のメンバーをしっかり強化できれば、面白い戦いができるのではないかと思っています。これから2か月間かけて、頑張らせたいと思います。

🔗 富士通陸上競技部HP★2018東日本実業団対抗駅伝特集
🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP