お世話になった皆さまへ


公式サイトでもお伝えしましたとおり、2018年8月をもちまして、油布郁人・白吉凌の2名が現役引退することになりました。

長い間、第一線で活躍し続けた2選手から、応援してくださった皆さまへのメッセージをお届けいたします。


油布郁人選手

コメント
2014年に入社してから4年半、大変お世話になりました。慢性的なアキレス腱の痛みがどうしても癒えず、この度、引退を決断しました。自身としては、2016年のニューイヤー駅伝で6区を走ることができ、区間は2位でしたが自分らしい走りができたと思います。

これまでの競技人生の中でとても多くの人と出会い、そして支えて頂いたことで、ここまで続けることができました。また、思うような結果が出ないときも多くの方々に声をかけて頂き、その度に前に進む力を頂きました。

今後は引き続き富士通にて勤務いたします。競技人生の中で学んだ多くのことを最大限に発揮し、会社に貢献できるよう精進していきます。


白吉凌選手

コメント
日頃から富士通陸上競技部を応援をしてくださっている皆様にご報告させて頂きます。このたび、2018年8月をもって引退することとしました。富士通陸上競技部に入って出会った仲間や指導者、関係者、そして応援してくださった方々との出会いは一生の財産です。このチームに所属できたことを誇りに思っています。

入社から3年と短い期間でしたが、とても充実した時間でした。心残りなのは、ニューイヤー駅伝優勝を味わえなかった事と、福嶋監督含めスタッフの方々に走りで恩を返せなかったことです。しかし、今後はこの悔しさを糧に、陸上で培ったフットワークと持ち前のバイタリティを活かして会社に貢献していきたいと思っています。

今後は富士通の一社員としての職務に従事する予定です。これからも富士通陸上競技部へのご声援の程、よろしくお願い申し上げます。


2選手は競技者としての第一線から退くこととなりますが、新しい門出を温かく見守っていただければ幸いです!

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP