岸本鷹幸選手競技後コメント/2018日本陸上選手権

富士通,陸上,岸本鷹幸

男子400mハードル決勝 1位:岸本 鷹幸(富士通) 49秒30

阿部選手が突っ込むのはわかっていたので、そこにいかに着いていけるかが自分の課題でした。その意味では、射程圏内でとらえることができて良かったです。ラストの勝負も、自信はありました。ただ、タイムが遅い。48秒台を最低限として狙っていたのですが、49秒30は遅すぎるので、そこだけは反省するところです。

この内容だったら48秒台位でいけるのではないかと思ったのですが、これで49秒台だとどこを直したらいいのか、今の時点では思い付きません。タイムが出ていないということは、どこかしら問題があるということなので、この後追求して次につなげていければと思います。

これで、試合に出場さえすればまだ戦えると証明できたので、やっと口だけじゃないと証明できたかなと思います。自分一人だったら競技をやめていたかもしれません。家族や新しくできた家族、そして次に生まれる家族もいるので、今年は“家族のために”という気持ちが一番大きかったです。家族や周りの支えがなければ、ここまで来れなかったと思います。

今、アジア大会で金メダルを目指すとなると日本記録を更新しなければならない状態なので、アジア大会では少しでも勉強になることがあればと思っています。来年度からポイント制が始まって海外のレースに出ていかなければならなくなるので、これからは国内に留まらず、国外のレースにも出て大きな大会を目指していきたいと思います。

富士通,陸上,岸本鷹幸 富士通,陸上,岸本鷹幸

🔗 Twitter ★日本選手権 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
🔗 富士通陸上競技部HP