松枝博輝選手競技後コメント/2018日本陸上選手権

富士通,陸上,佐藤佑輔

男子5000m決勝 14位:松枝 博輝(富士通) 14分38秒96

正直に言えば、『何もない』ことが収穫だったぐらいの捉え方しかできないレースでした。自分の弱さやできなかったところがわかれば、それが秋以降につながりますが、それもなかったので、自分としても新しい感覚です。負けるところまで負けたので、ここからまた始めるだけです。

あまり意識していなかったのですが、心のどこかに昨年の優勝者という変なプライドがあったのかなと思います。やれることはやってきましたし、勝ちたいと心の底から思っていましたが、思っているだけでは叶わないこともある。気持ちを走りで表現できなければ仕方ないですし、本当のハングリーさが足りなかったのかもしれません。

後悔のないレースをしようと思い、いつも通り後ろから伺って勝負どころを見極めるつもりでした。得意の展開でしたし、流れが変わる一歩手前で、前に行く反応はできていました。でも、勝負に絡むところで根性が足りなかったというか…。
調子も良かったですし練習もできていて、この半年間は食事や私生活も含めて競技と真摯に向き合ってきたつもりです。それに対して何が足りなかったというのは今ないので、それ以上の原因はまだわかりません。

来年の世界陸上を見据えて、この大会に向けてやってきて、順調に来ているつもりでしたが、躓きました。この躓きが日々の成長につながるように、今後のレースで成果を見せられたらと思います。

富士通,陸上,佐藤佑輔 富士通,陸上,佐藤佑輔

🔗 Twitter ★日本選手権 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
🔗 富士通陸上競技部HP