嶺村鴻汰選手競技後コメント/2018東日本実業団陸上


男子走幅跳決勝 2位:嶺村 鴻汰 7m58 (+1.0)

嶺村鴻汰 競技後コメント

日本選手権に向けて連戦が続いていたので、今大会はどちらかと言うと記録よりも、強化しながら様々なことを試す大会という位置づけで臨みました。

風がやんだり吹いたりする中で、どうしたら助走の流れがうまくいくのか、六回の跳躍をかけて試すことができました。また、最低限の結果として表彰台に上ることができたので、後は日本選手権に向けて、もう1段階上げていければいいかなと思っています。

4月の織田記念で失敗してからは、自分の動きにバラつきがあるのを修正しながらやってきました。今日も最初は、体が重く感じる場面はありましたが、後半になると動いてきて、自分なりのテストができたので次に向けて良かったと思います。

来月前半に行われる田島記念で、日本選手権の練習も兼ねて記録を狙いつつ、自分の良い感覚を持ってこれるように進めていきたいと思います。そこから最後にギアを上げて、日本選手権でしっかりと勝負ができるように、練習でもかなりスピードは出ていますし、助走の修正もできると思うので、結果も自然についてくると思っています。

🔗 Twitter ★2018東日本実業団陸上速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP