髙瀬慧選手競技後コメント/2018東日本実業団陸上


男子200m決勝 3位:髙瀬慧 21秒37

髙瀬慧 競技後コメント

昨シーズンから結果がついてこない中、今日の200m予選の走りに関しては、タイム的にすごく悪かったものの、リオが終わってからの2年間で初めて“レースに参加できた”感覚がありました。今までレースの中に入れず、1歩外で自分がレースしているような感覚でしたが、久しぶりにちゃんと走れたのは、自分の中で進歩だと思っています。

決勝は予選の時のような、前半の入りができませんでした。そこは練習で、積めていない部分だと思います。2本しっかり走れるほどの練習はまだできていなくて、今日は何とか1度でも良い記録を出したかったのですが、できませんでした。練習で今日の予選のような走りを繰り返していければ、次に繋がると信じています。

リオの後からずっと悩んでいる状態で、自分では頑張ろうと思っているのですが、レースに対する怖さもあります。でも、そこだけは、今日はできた。コーチを信じてやってはいるので、後は結果がついてくればというところ。自分の気持ちと体が一致するように持って行きたいです。

次の目標は日本選手権の100mですが、やってきたことに対する自信はあるので、それをレースで出せるようにしたい。そのやってきた『量』から『質』への移行で、自分としてものたりない部分があるので、これから1カ月はその点を重視してやっていきたい。今日のレースで掴んだものは大きいので、楽観的かもしれませんが、“何とかなる”と信じてレースに臨みたいと思います。

🔗 Twitter ★2018東日本実業団陸上速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP