佐藤佑輔選手競技後コメント/2018東日本実業団陸上

佐藤佑輔

男子5000m決勝タイムレース4組 14位:佐藤佑輔 13分58秒07
男子1500m決勝タイムレース2組 1位:佐藤佑輔 3分54秒80

佐藤佑輔 競技後コメント

◆5000m

ケニア人選手についていくトレーニング感覚のレースでしたが、そのままついて行けそうだったので、最後まで行きました。しかし、そこから先は疲れもあって、あまり身体が動かなかったです。日本人トップを狙っていたのですが、達成できなかったので改善の余地がありますね。

これから日本選手権まで、まだ1カ月トレーニングできます。今は連戦によって蓄えを吐き出した状態なので、もう一回作り直して、ここで得た経験を28歳目前にして初となる日本選手権5000mにいかせたらと思います。

◆1500m

向かい風の中で1人で押して行けたので、トレーニングと捉えれば良い練習になったと思います。前半は2週ぐらい我慢しようかなと思っていましたが、ラスト1周でスパートに行けたのが良かったです。

1500mでの東日本実業団陸上は、2回目なので珍しいですね。この1ヵ月間は、2週間おきに3本のレースを走っていて、これが4本目になります。体の状態もそこまで悪くないので、いい刺激が入ると思い、今回も1500mと5000mの両方に出ることにしました。ここまでずっと良い状態で来れているので、良い状態をそのまま継続できればと思います。

今後に関しては、先日ようやく初めて日本選手権の参加標準記録が切れたので、まずは目先の日本選手権でしっかり勝負ができるようにしていきたいと思います。延岡では手ごたえも感じたので、1回目だからと臆せず、優勝・表彰台を目指して頑張りたいと思います。

🔗 Twitter ★2018東日本実業団陸上速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP