松永大介選手 試合後コメント/2018日本選手権20km競歩


松永大介(富士通)日本選手権競歩20㎞松永大介 1時間17分46秒 ※NGR(大会記録)

3位という順位に関しては上出来だったと思います。今までどうしても2月に良い結果が出せず鬼門になっていましたが、過去の日本選手権で考えると最高成績なので、克服できたのは良かったと思います。

前半に関してはレースを自分で作れていましたし、後半もペースはあげられていたので、試合自体も悪くありませんでした。ただ、ラスト4㎞で思ったより前との差を詰められていなかったのが想定外でした。結果的に、前の2人が強かったら、負けただけです。反省するというより、自分に実力がなかったと割り切って、これから力をつけていくだけかなと思っています。

日本の競歩全体のレベルが上がり、下の年代の選手も強くなっていますので、私もそういった中で振り落とされないように実力をつけていかなければいけないと思っています。それだけに、なぜ20㎞が世界大会でメダルが獲れていないのか理解できないところですが、長期的に見て結果につなげていけるように世界大会も意識して、今後やっていかなければいけないと思っています。

今年に関しては、調子の波に影響されることなく、安定して結果を出せるようになることが目標です。アジア大会の出場は難しいかもしれませんが、世界競歩チーム選手権もありますので、前回の成績を超えられるように、自分からチームを引っ張っていきたいと思います。

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]