今村文男 競歩コーチ コメント/2018日本選手権20km競歩


今村文男 競歩コーチ 富士通今村文男 競歩コーチ コメント

今大会はアジア大会の選考会と言うより、再来年2月・3月の選考会を念頭においての大会でした。

松永は学生時代にあまりこの大会で良いレースができなかったので、是が非でもここで自己記録かそれに近いタイムを出すのが目標でした。結果的に大きく自己記録を更新できたので、そこは良かったと思っています。

高橋は、気象条件が良ければいつでも1時間17分台を出せると本人もスタッフも感じていたので、それを具現化できて良かったと思います。こういった選考会でしっかり上位に入る、というのが達成できた大会でもありました。怪我に関しても、それがあったから注意を払いながらコンディショニングできたのもあり、本人の力になったと思います。

森岡は、今後の競技に関して彼自身の判断になりますが、あくまで選手としての頑張りにまずは期待しつつ、他の選手に良い影響を与えて“50km競歩魂”みたいなものを受け継いでいけるようなアスリートを育てていって欲しいなと思っています。

日本チームに関しては、やってきたプロセスの成果がしっかり出ていると感じています。あと男子20㎞に関してはまだ到達できていないメダル獲得に合わせて、強化の流れを作っていきたいです。アジア大会・来年のドーハとうまくつないでいけば、2020年での暑さ対策記録も十分に対応できると思っているので、世界で結果を出すための強化を続けていきたいと思います。

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]