高橋英輝選手 試合後コメント/2018日本選手権20km競歩


高橋英輝(富士通)日本選手権競歩20㎞高橋英輝 1位 1時間17分26秒 ※NGR(大会記録)

自分の力を出し切れたので、良かったです。この大会は世界と戦う挑戦権を得るための戦いだと思っていて、ここでしっかり権利を得ることができたので、これからまた次のアジア大会に向けて頑張りたいと思っています。

前半は怪我の影響もあってフォームがまとまらず、少し危ないなと思いながらのレースになりました。警告も受けましたし、どうなるかと思ったのですが、後半は修正できたので良かったと思っています。

怪我をしていたのもあって今大会では、アジア大会の出場権を掴むこと、自分の力を出し切ることを優先していました。結果的にはレース中も痛みなく歩けたので、良かったです。次はアジア大会での勝負になるので、ジャカルタの暑さに向けて調整というところですね。

暑さ対策に関しても、今までと違って50㎞の選手に協力してもらって、きつくて泥臭いようなトレーニングに取り組んでいます。手ごたえも感じているので、まずは怪我を治して良い状態で大会に臨みたいと思います。。

今後もアジア大会、世界陸上、そして2020年と続いていくので、しっかりステップアップできるように頑張ります。

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]