4区:横手健選手 試合後インタビュー/ニューイヤー駅伝2018


4区(22.4km) 5位 2:42:53/横手健 1:06:06(区間8位)

昨年の結果があるので余計に悔しさはあります。大会直前で骨膜炎になってしまって、何とか気持ちだけは切らさず数週間前から練習を始めたのですが、どうにもならないところがありました。それでも中盤で競ったときに離されてしまい、優勝争いに決定的に絡めなくなったのは自分の区間で遅れたからだと思っているので、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

これが5000mとかであれば何とか対応できたと思うのですが、実際は15km付近でかなり厳しかったです。そういう意味でも、長い距離に不安があったのは準備が足りていなかったのだと思います。去年の大会は直前でのメンバー負傷などもあり、みんなで立て直して6位入賞まで持っていけましたが、優勝が狙えるチームとしての5位は本当に悔しいですし、試合中そこまでチームを引きあげられなかったことが情けないです。

今後は個人的にはマラソンへ移行したい気持ちがあります。ただ、トラックもマルチにこなせるようになって、何事も中途半端にならないようにマラソンでも結果を残して、駅伝でもしっかり優勝目指して頑張りたいと思います。

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Twitter ★ニューイヤー駅伝2018 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★ニューイヤー駅伝2018特集
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]