2日目を終えて・音部選手コメント


音部選手競技後コメント

全種目自己ベストがひとつもなくて、全体的にふがいない結果となりました。一度しっかり反省して、来年に向けて考え直していきたいと思います。

得意なスプリントがあまり走れていませんでした。練習できていなかったのが原因で、走り込みなどを全然できなかったのが持久力不足につながりました。ただ、気持ちの問題もかなり大きかったと思います。

力はついてきていると思いますが、全体の流れの作り方や試合の運び方が自分は下手。トップの選手はそこがうまい。いい時はいいけど悪い時はそのまま終わってしまうのが自分の悪いところなので、切り替え方を考えて、次の試合からはがんばっていきたいと思います。

(リオデジャネイロ2016オリンピック出場内定を決めた中村明彦選手に対して)
毎回、一緒に試合をしていて、“取るところを取ってくる”のがうまいなと感じています。一度失敗しても立て直せるのが、彼の持ち味。本当は自分が行きたかったのですが、今大会でオリンピックに対する気持ちが一番強かったのが彼で、僕にはその気持ちが足りなかったのだと思います。オリンピックでも自己ベストを出して欲しいです。

応援してくださった方、指導してくださった方には、申し訳なく情けない気持ちでいっぱいです。ただ、これで終わりではないので、切り替えて次回から頑張っていきたいと思います。

🔗 Twitter ★日本選手権・混成 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
🔗 富士通陸上競技部HP