第6区 山口祥太選手 試合後コメント/2017東日本実業団駅伝


第6区 3位 3:07:57/山口祥太 31:03(10.6km・区間6位)

2位でもらって、3位で渡す形になりました。そこまで走った選手がみんな頑張ってくれて、先頭かそれに近い順位で来るだろうとわかっていたので、この流れだけは絶対に崩したくないと思って走りました。早めの段階で2チームに抜かれてしまい、単独で走っていたので苦しい走りになってしまいましたが、3位の選手が前に見えていたので“あそこまでは絶対に行こう”と思って、なんとかつないだ形です。

春のトラックシーズンから各選手が頑張ってくれているので、今回メンバーを外れた選手たちもこれからニューイヤーに向けて合わせてくると思います。東日本実業団駅伝では、近年上位に入れていなかったので、明るい材料が多い状態でニューイヤー駅伝を迎えられるのは、いいことだと思っています。

ニューイヤー駅伝は自分が走って貢献するのが1番ですが、最年長ということもありますので、みんなが良い状態で走れるように、雰囲気作りでも力になれるように持っていきたいと思います。

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]