第5区 佐藤佑輔選手 試合後コメント/2017東日本実業団駅伝


第5区 2位 2:36:54/佐藤佑輔 22:52(7.8km・区間1位・区間新記録)

区間賞に関しては、タスキを渡してくれた位置が良かったですね、それに尽きます。私よりも実力的に格上の選手がすぐ前にいる状況になったので、これはついていくしかないなという状況でした。そのまま終盤までついていって、ラスト1㎞で余裕があったので、そこで仕掛けた形です。最後になんとかHondaまで追いつけたので、本当に直前の区間を走ってくれた横手選手のおかげだと思っています。

レースとしては、想定していたプランの中でもベストな位置で、タスキが来ました。欲を言えば、もうひとつ前の1位に届く位置だったら、さらに攻められたかなと思いますが、現状でベストなレース展開ができたと思います。チーム全体で見ると中盤で一次先頭から離れた時もありましたが、それをチーム全体でカバーできたのは良かったと思います。主力が抜けた中でこの結果は自信を持って良いと思いますし、ニューイヤー駅伝にもつながります。少し怪しくなりそうな展開もありましたが、それをこじ開けてくれたのが、今回は横手選手だったと思っています。

ニューイヤー駅伝に向けては、とにかく怪我をしないことですね。ベストオーダーを組むことさえクリアできれば、優勝も期待できると思うので、各個人でセルフケアを頑張ってほしいと思います。各自が不安を抱えることなく、スタートを迎えることさえできれば、圧倒的なパフォーマンスを発揮できるチームだと思っているので、それを期待したいと思います。

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]