長田拓也選手競技後コメント/2017全日本実業団陸上


男子100m決勝 6位:長田 拓也(富士通)10秒49

スタートは良かったのですが、行けると思った矢先に足が絡まって、後半はバラバラになってしまいました。昨日の200mで足を痛めて、今日も痛みが残っている状態での強行出場でしたが、それも実力のうち。あの最後に沈んでるとダメなので、もったいないというか情けないレースでした。

本当は200mを頑張りたくて、シーズンベストを狙うつもりで来たのですが、全部ダメになって、リレーも走れず申し訳ない気持ちです。とりあえず国体では、10秒20台を出したい。しっかり走る、自分の力を出し切ることを念頭に置いて、力は後からついてくると思って、やっていきたいと思います。

Q.高平選手の引退に寄せて
僕が中学校1年生・2年生の時に大阪の世界選手権や北京があり、高平選手はすでにスター選手でした。短い間でしたけど同じチームで走れて、色々なアドバイスや面倒を見てもらえて、嬉しかったです。
すごく憧れていて、せっかくバトンをもらえる位置にいたのに、自分でそれを手放したのは悔やんでも悔やみきれません。少しでも一緒にできたのは今後の糧になると思うので、今後もアドバイスをもらいながら関わっていきたいと、自分は思っています。

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】彼らの走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]