松永大介選手競技後コメント/2017全日本実業団陸上


男子10000m競歩決勝 2位:松永大介(富士通) 39分03秒25

今回は、世界選手権がああいう形に終わってしまった後の最初のレースだったので、“今まで応援してくれた人たちに元気になった姿を見てもらうレース”であると意識して、序盤から積極的なレースをしました。今回も最後で高橋選手に離されたので、対策がまだまだだなと思いました。ただ、この1か月間の状態を踏まえて考えると、サードベストの記録が出せたのでまずまずの結果だったと思います。

世界選手権から帰ってきて、お医者さんから熱中症・脱水時症状ということで1週間ぐらい練習しないように言われました。その後、練習を再開したのですが、いつもなら力を使わずに歩けるペースでもついていけないぐらいに、なってしまっていました。立て直すのに難しさも感じましたが、9月に合宿に参加させていただいたりして、ここまでなんとかうまく持ってこれた感じです。今回、ここまでの結果が出ると思わなかったので、上出来だと思います。

今後は2週間後に国体があるので、神奈川県の代表として今回負けた高橋選手に挑む形になるので、倒すつもりでがんばりたいです。その先はアジア大会の選考になるので、勝てるレースをして代表に選ばれたいと思います。

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】彼らの走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]