高橋英輝選手競技後コメント/2017全日本実業団陸上


男子10000m競歩決勝 1位:高橋 英輝(富士通) 38分56秒90

今大会はトレーニングの流れの中で出場して、実際はあまり余裕がなかったのですが、その中でもレース展開にうまく対応できたと思います。

世界選手権を終えて、やはり夏場の世界大会を乗り越えるためには距離を踏めるようになって、地力のある選手にならなければいけないと思いました。今後は、日ごろから距離を踏みつつレースをこなしていくのが大事だと思っています。その点を考えながら、練習をある程度高いレベルでこなして、試合に出ていくようにしたいと考えています。

この先に関しては、アジア大会への出場をまずは第一に考えています。強い中国の選手も出てくるので、そこでしっかり歩きたいと思います。最終的には3年後に結果を出すことが重要で、今どうあるべきか認識しながらやっていこうと思います。今までと少し調整の仕方、レースの取り組み方を変えながら、試行錯誤しながら続けていきたいと思います。

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】彼らの走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]