横手健選手競技後コメント/2017全日本実業団陸上


横手 健男子5000m決勝タイムレース3組 2位:横手 健 (富士通) 13分41秒30

大会なので変な走りはしないようにと思ってはいましたが、順位というより2週間後のハーフマラソンをメインで考えていました。いい形で刺激が入ればというぐらいの感覚だったのですが、終わってみれば粘りどころで粘れて、すごく良いきっかけになったと思います。

ホクレンの試合で全て出し切った後、一度休みを入れて、夏合宿はマラソンに向けての脚作りというか、違うイメージでの合宿を考え、ここまで順調に距離を踏んでいました。その中での5000m、外国人選手とは戦えませんでしたが、日本人トップという形で終えられたので、いい結果としてつながっているかなと感じています。

今後は近いところで言うと、2週間後のボストンハーフマラソンに出るので、まずはそこでしっかりと目立った結果を残したい。その後は駅伝で、東日本駅伝、ニューイヤーでは当然ながら主要区間を走って、優勝に貢献したいと思っています。最初からそこを任せてもらえるように、冬のマラソン期間まで見すえてやっていきたいと思います。

横手 健

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】彼らの走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]