嶺村鴻汰選手競技後コメント/2017日本陸上選手権


走幅跳 嶺村鴻汰男子走幅跳決勝 8位:嶺村 鴻汰(富士通) 7m64 +0.0

6月まで右足付け根を痛めていて、2~3か月思うような練習ができず、6月に入る直前から約1か月で立て直したので、入賞がギリギリという現状でした。無理していたわけではありませんが、力がつききっていない状態で6本跳んで、その負荷に脚が耐えきれず、最後に痛めてしまいました。

ひとまず怪我を治し、体のバランスも崩れているので整えて、来シーズンに向けて切り替えていきたいです。2020年に目を向けると、今年がまだ一番大会まで遠い年なので、焦らずやっていきたいと思います。

この大会に向けてもやれることはやってきて、優勝は無理でも表彰台を狙えるまではもってこれていました。それでも最初攻めきれず中途半端な跳躍が続いたのは、思い切って踏み切る動作をしばらくしていなかったブランクや試合勘が鈍っていたのが原因だと思います。やはり、こういう大きな舞台ではボロが出てしまうと痛感しました。

ダメな部分はダメな状態で表れてしまうので、そこは1か月で修正できなかった部分。4年ぶりに表彰台を逃しましたが、しっかりこの先でとりかえせるようにしたいです。今回ダメだったことが、結果的に良かったと言える流れを作っていきたいと思います。

記録はしっかりやっていればついてくるものだと思っています。自己ベストも7m90台で低迷していますが、8mを意識するとどうしても堅くなるので、やってきたことを試合で出せば自然に結果に結びつくと考えて、今後はやっていきたいと思います。

走幅跳 嶺村鴻汰

🔗 Twitter ★日本選手権 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】彼らの走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]