松枝博輝選手競技後コメント/2017日本陸上選手権


日本陸上選手権 5000m 松枝博輝 日本陸上選手権 5000m 松枝博輝 男子5000m決勝 1位:松枝 博輝 (富士通) 13分48秒90

勝つ準備をして勝つつもりで大会に来て、最後の200mから出ようと思っていましたが、出て欲しいところで中村選手が出てくれたので助かりました。“この一勝で人生が変わるなら”と思って、獲ってやろうという気持ちで最後は500mでスパートをかけました。そういうチャンスを逃してはいけないと、この一年間言われてきたので。

それでも冷静に考えれば1本レースを獲っただけで、今年の最大の目標は「世界に行く」。それが達成できるまで何も成し遂げていないので、(世界選手権出場の選考対象となる)網走までは気を抜かずにやって、そこでなんとしても13分22秒60の世界選手権参加標準記録を切りたいと思います。

チーム富士通で数選手が固まっていましたが、特に打ち合わせもありません。ただ、中村選手がスパートをかけて背中が見えた時に、行かれたというよりか、力をもらった感じでした。それだけではなく、潰滝選手が優勝したり、横手選手が健闘したり、みんなで富士通としてやってきていることが力になりました。これを足掛かりというか、『富士通はこんなもんじゃないぞ』という気持ちでやっていきたいと思います。

個人の真の目標は「世界と戦う」ことであり、日本人がまだ成し遂げていないことをしたいと思っています。ここまでは結果が出なかったですが、来年からステップアップしたいので、きっかけとしては良かった。気持ちよく次のステージに行けるんじゃないかなと思います。

日本陸上選手権 5000m 松枝博輝

🔗 Twitter ★日本選手権 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】彼らの走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]