【全日本実業団3日目】400m富士通トリオが揃って入賞!堀籠選手が4連覇達成。


400m富士通トリオがやってくれました!

出場した佐藤光浩選手、堀籠佳宏選手、宮沢洋平選手が3人揃って予選を通過し、決勝は2レーン佐藤選手、5レーン堀籠選手、9レーン宮沢選手と富士通勢がずらり。
スタートから堀籠選手と佐藤選手が外側の選手を追い積極的な走りを展開。最後の直線になると堀籠選手が1人抜き出て、そのまま1位でフィニッシュし、見事にこの大会4連覇を達成しました。後半追い上げた宮沢選手は3位、粘りを見せた佐藤選手が5位と全員が入賞を果たし、チームに大きな得点をもたらしました。
実は、これまで富士通400mチームを引っ張ってくれていた佐藤選手はこの日が富士通として最後のレースとなりました。

堀籠選手 400m決勝試合後のコメント
「日程的に厳しい部分もあったんですけど、総合優勝がかかっていたので、優勝すること自体が大事だと思い、それだけを狙っていました。勝ちにこだわって勝てたのでよかったです。後半の走りに課題が見えてきたので、それを克服できるようにこれから頑張りたいと思います。国体とアジア選手権は、何かしら課題をもって臨みたいなと思います」

宮沢選手 400m決勝試合後のコメント
「2位を狙っていたので悔しいです。タイム的にもあまりよくなかったです。次のマイルでは優勝狙って頑張ります」

佐藤選手 400m決勝試合後のコメント
「今年の日本選手権で決勝に進めなかった時に引退を考えたんです。400mは過酷な競技で、練習をどれだけ積み上げてきたかが顕著に出る競技なんですね。ここ3年くらいケガを繰り返していて、今の自分だと練習と休みのくり返しになってしまい、世界で戦う力はつかないなと思って引退を決めました。引退を考えずに集中しようしようと思っていたのですが、いざスタートについたらウルっときてしまいました。でも、すぐにこれじゃいけないと思い直し、そこからは無心で走りました」

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP