【東日本実業団駅伝】レースレポート 第5区:鈴木良則(長距離キャプテン)


第5区 12位 2:45:47/鈴木良則 22:24(7.4km・区間5位)

12位でタスキを受けた鈴木選手。遮るものなく吹く向かい風を受けながら、53秒あいた前を追うもほぼ一人旅の状態。順位は変わらないものの、背中が見える14秒までにその差を縮め、タスキをチームの大黒柱・藤田選手に繋ぐ。

鈴木選手
「調子は悪くなかったんですが、風が結構きつく感じた上に前も見えずで、精神的にもやられそうな気がしていました。ようやく前が見えたところで力尽きそうになる部分もありましたが、何とか藤田さんに前が見える位置で渡せたらと思って走りました。
今回は、若手を重要区間で試し、試してみてどこまで戦えるかという意味もありましたが、もう少し前でレースできるかと思っていました。でも、これはニューイヤーではないし、いいチャレンジができたのではないでしょうか。この悔しい思いをぜひ本番につなげてもらえたらと思いますね。ここからが大事になってくると思うので、ここで気持ちを切り替えてくれることが、今日の走りを払拭することになると思うので、そこをぜひニューイヤーに繋げてほしいですね。
自分も立て直していきたいです。しっかり核になるように、これからは自分自身に激をとばしながらやっていきたいと思います」

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第50回 東日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP