【ニューイヤー駅伝】スタートを明日に控えた選手たちの声をお届けします!


全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)は、いよいよ1月1日9時05分スタート。
レースを明日に控えた選手たちの意気込みをお聞きください!

1区(12.3km) 鈴木良則選手
「混戦が予想されますが、精一杯全力を尽くして少しでも上位に食い込み、連覇に向かっていければと思います。ここまできたら、100パーセント力を出せたものが勝つと思いますし、本来の力を出せれば結果はついてくると思うので、100パーセントみんな出し切りたいです。個人的にはやっぱり1位で2区に襷をつなぎたい。そういう気持ちで頑張りたいですね。あと、駅伝はやはりチーム力がカギになります。僕らの結束力をお見せできればいいなと思います」

2区(8.3km) チャールズ・カマシ選手
「明日はいい走りをしたいと思いますし、優勝したいです。脚の調子もこの数週間ずっといいので明日も大丈夫です。寒さも雪も大丈夫です。自分自身としては、5番以内を狙っています。すべてがうまくいけば、優勝できると思います」

3区(13.7km) 福井誠選手
「タイムのいい選手が揃った区間になりましたが、走ってみないと結果はわかりません。いつもどおり自分の走りをすれば、いい結果が出るのではないかと思います。自信を持って走ります」

4区(22.3km) 堺晃一選手
「長い距離をやりながら、これまで順調に来ています。緊張は半々くらいです。流れを作るような走りをしたいと思っていますし、5区で待つチームのエース藤田さんにしっかりつなげるように、がんばります」

5区(15.9km) 藤田敦史選手
「5区は向かい風の区間になりますが、何回も走っていますし、我慢強いので大丈夫です。流れを作るのが僕の役目だと思っていますし、チームの順位を1つでも上げたい。うちはタレント揃いとは決して言えないチーム。だからこそ、結束してチーム力で戦えるかどうかが勝負。皆さんに楽しんでいただけるようなレースにしたいです」

6区(11.8km) 岩水嘉孝選手
「ディフェンディングチャンピオンのチームで、選ばれたからには責任を持った走りをしたいです。ここまで順調にきていますし、力を出し切れば結果はついてくると思うので、とにかく落ち着いて自分の力を信じて走ります。6区は、チームが毎年重要区間と考えている区間なので、期待に応えたいです」

7区(15.7km) 太田貴之選手
「前の6人がしっかりと襷をつないでくれると思うので、緊張はしていません。選ばれなかったメンバーのためにも、自分が任されたところをしっかり走りきるのが役目だと思うので、頑張ります。順位をキープするか、順位を上げてゴールしたいと思います」

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第54回 全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP