【ニューイヤー駅伝】レース後の選手コメント


1区:鈴木選手
トップから10秒以内で襷を渡すというかたちを作れたらと思っていました。ただ、残り2キロで脚を痛めてしまい、最後に思うような走りができなかったことに悔いが残ります。
チームとしては見せ場は作れたのではないかと思いますが、10秒、20秒というタイムの遅れが、3位にとどまるという結果につながったと自分に言い聞かせ、来年また高いところに上れるように頑張っていきたいと思います。

2区:カマシ選手
設定していたタイムより速く走ることができましたし、昨年の記録より少し良かったので、走りは悪くなかったと思います。チームは3位となり優勝はできなかったものの、悪くない結果ではないでしょうか。私は今回が最後のニューイヤー駅伝になりますが、富士通はまたきっと優勝することができると思います。

3区:福井選手
監督の期待に応えられなかったことと、あとの区間の人が走りにくい位置になってしまい、流れを作れなかったことが申し訳なかったです。僕は本当にチームに助けられたと思います。
チームとしては、3位入賞も素直に悔しいと思えるくらい、強いチームに成長したと感じられました。そして、ミスもチームワークでカバーできるという駅伝の素晴らしさを、改めて実感できた素晴らしい試合だったと思います。

4区:堺選手
はじめてのニューイヤー駅伝で戸惑いもありましたが、自分の最大限の走りをすることができました。5区は藤田さんだったので、いい順位でつなげれば優勝も見えてくると思い、攻めの走りをしました。10秒くらい前に黒崎選手(コニカミノルタ)がいたので、上手く目標にして走った感じです。体調も良かったし、区間5位を目指していたのですが、2位になれたのは驚きです。
来年は優勝できるように、1人1人がしっかり意識を持ち、練習していきたいと思います。

5区:藤田選手
自分個人の走りとしては、最後などはもう少し勝負できたかなぁという気持ちはあります。
競りながら、かつ相手をうまく使って風を避けてたんですが、そこでペースがなかなか上がらなかったです。
途中しかけたりしましたが、そうすると風を真っ向から受けてしまうので、調整しながらのレースになってしまいましたね。駆け引きが難しかった。
(4区の堺選手が4位でつないだ事に)正直びっくりしました。練習の時から調子は確かに良かったので、ある程度走れるだろうと楽しみにしてましたが、まさか4位で繋いでくるとは思わなかったです。
そういう意味では、若手がああやって出てきてくれた事はチームとして大きな収穫になりましたし、これからがすごく楽しみです。
ケガ人を複数抱え、決してベストとは言えない今のチーム状況で3位は上出来。ただ、昨年優勝しているだけに、結果だけ見るとどうしてもね(苦笑)。でも来年に確実に繋げられるレースにはなったと思います。

6区:岩水選手
藤田さんが追い上げてくれてすごくいい展開になったので、とにかく前を追っていきました。
(11月の)東日本実業団対抗駅伝では、前半突っ込んで入って自滅したので、今日は落ち着いて入り、後半が勝負だと思って走りました。6区にはいい選手がいましたし、同年代ということもあって負けられないという気持ちも強かったです。久しぶりに駅伝で力が出せたのではないかと思います。来年につながる走りができました。
優勝が狙えただけに3位という結果は悔しい気もしますが、持てる力は出せたと思います。また来年も上が狙える、いいチームだと思います。

7区:太田選手
トップとの距離もあったので前半から攻めの走りをしたつもりだったんですが、結局、トップから(タイムを)1分以上も離されてしまいました。来年に向け、また1年間必死で練習して自分自身の走力をワンランク以上アップさせて、駅伝でもマラソンでも勝負どころで戦えるようにしたいです。
チームとしては連覇というのが意識にあったので、実現できず残念です。来年のニューイヤー駅伝では、みんな笑顔でゴールできるように、これから取り組んでいきたいと思います。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第54回 全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP