【日本選手権】山田選手、平成21年諸記録章受章コメント


日本選手権第3日目の6月6日、会場の丸亀競技場にて平成21年度栄章受章者が表彰され、富士通陸上競技部からは山田壮太郎選手が表彰された。
山田選手は昨年の9月に新潟で行われた国体において、男子砲丸投の日本記録18m64を樹立した功績を称えられての受章となった。
※同じく富士通陸上競技部からは、800mの横田真人選手、競歩競技の川崎真裕美選手が日本記録樹立で受章している。

山田選手受賞コメント
「自分の出した結果としてもらえているので正直嬉しいです。今日は優勝できなかったので複雑な気持ちもありますけど、これが毎年増えていけば更に嬉しいですね。毎年もらえるということは、自己ベストが上がっていくということなので、今後も励みにしていきたいと思います。自己ベストが日本記録でもあるので、毎試合自分の記録(日本記録)が張ってあるのは気持ちいいです」

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第94回日本陸上競技選手権大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP