全日本競歩輪島大会 男子10km競技結果


4月16日(土)、石川県輪島市で行われた「全日本競歩輪島大会」の男子10km競歩は、鈴木雄介が42分25秒の大会記録を大幅に更新する、40分35秒で優勝した。

桜が満開を迎えたものの、気温13度、冷たい風が吹くこの日の輪島市。男子10km競歩は13時05分にスタート。市内の2km周回コースを5周して争われた。レースは鈴木選手が序盤から他を引き離し、独走態勢に入ると、そこからは一人旅。2位以下を1分以上離してゴールテープを切り、順調な調整を印象づけた。

第50回全日本競歩輪島大会 男子10km競歩結果
1位 鈴木雄介(富士通) 40分35秒
2位 小坂拓磨(日本大学) 41分53秒
3位 尾上雄基(中部学院大学) 42分02秒

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP