佐藤佑輔選手競技後コメント/2016全日本実業団陸上


男子5000m決勝タイムレース 2組 6位:佐藤 佑輔(富士通) 13分57秒91

位置取りは完璧に近かったですが、ケニア人について行く力がやはりないなというところですね。レース前は、自分ができるレースを確実にしようというとこで、日本人トップを狙っていました。最後は14分切れないと思っていちかばちか出たのですが、足がギリギリたりなかったです。

コンディション次第で自己ベストも狙っていましたが、タイムに関してはこれで仕方がないと思います。あまり欲を出しても後半つぶれて後につながらないと考えて、レース途中で14分以内に目標を切り替えました。昨年も疲れがある状態でこの大会に臨みましたが、昨年より良かったと思います。

今後は中5日で世田谷の10000mを走るので、最低限自己ベストを出したいと思っています。駅伝では僕あたりの年代が確実に走る位置にいなければいけないので、自覚をもって自分がやらなければいけない使命を果たせるよう、頑張っていきたいと思います。

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP