中村匠吾選手競技後コメント/2016全日本実業団陸上


男子5000m決勝タイムレース 1組 2位:中村 匠吾(富士通)  13分38秒93

今回はケニア人選手についていけるところまで行こうと思って走りました。思ったよりペースは速かったですが、3000mを通過した後で止まってしまった部分があるので、力不足は感じましたね。ただ、ここまでやってきたことは間違っていないと確信できたので、続けて取り組んでいきたいと思います。

11月に10000mでしっかり記録を出したいというのが、一年間の目標でした。記録だけじゃなくて、こういったペースの中で海外の選手とも勝負できる力をつけていきたいと思っています。

まだまだオリンピックを見ていても全体的に日本人の力が足りないと思うので、世界で戦えるような選手になっていきたいと思います。駅伝に向けて、今年は新人で力のある選手がチームに入り、全体に勢いがついているのでチームとしてひとつになって、トレーニングしていきたいと思います。

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP