井野選手・ダニエル選手レースレポート


井野選手とダニエル選手が決勝に進んだ男子1500m。スタートから両選手は前につけると、600m過ぎでダニエル選手がトップに立つ。井野選手、ディク選手(日立電線)も続き、3人が集団から飛び出すが、徐々に後続の集団が差を詰め、ラスト1周で3人は集団に吸収される。しかし、バックストレートでダニエル選手が再スパート。一気に他を突き放すとそのまま1着でゴール。3分46秒01で、5000mと合わせ2冠を達成した。一方、井野選手は粘ることができず、3分52秒84で9着に終わった。

ダニエル選手コメント
誰も前に行かず、予定より少し遅いペースのレースになりました。監督からは前に行かず、後半勝負と言われていましたが、このぐらいのペースだったら、日本人選手も最後のキレがあるので、このまま行くと負けるかなと思ったので早めに行きました。大学以来の2冠なのでうれしいですし、いい大会になりました。次は駅伝。富士通の優勝に貢献したいです。

井野選手コメント
あまり経験したことのないような、すごいレース展開でした(汗)。6月の日本選手権のときは身体もキレていたし、ラスト勝負では絶対負けない!というカンジでしたが、今はちょっとキレがないので、押していこうかと思っていました。そこでダニエルが早くいってくれたのは良かったんですけど、レース中にそのダニエルから「井野さん、最後まで頑張って!」とか声をかけられたんですが、その直後、ダニエルはガーっとスパートかけていってしまいましたが(笑)。ペースの乱降下が大きなレースでしたが、いいポジショにはつけていたので、うまく対応できたと思います。ただそこで脚を使いすぎてしまい、ダニエルと1、2決めたかったですが、順位的には残念ですね。予選よりかは、うまく走れた感覚があるので、これを生かしつつ、国体に備えていければと思います。去年は村上さんに負けてるので、今年は絶対勝ちたいです!

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP