福島監督総括


福島監督コメント
一般種目は塚原と高橋が100mで勝てたのが良かったし、自分が考えていたより走れたのでホッとしている。チームとしては、しっかり選手がそれぞれ走ってくれて、万遍なく点数が取れた。リレーは残念だが、普段からバトンパスを練習出来るわけではないので仕方がない。4×400mリレーでも、3分7秒で走ってくれたので、力は出しきれたと思う。

長距離は夏の合宿を長くして、走りこみも長くやったので、少し疲労が残っていると思っていたので予測はしていたが、それでも予想より悪かった。ダニエルが1500、5000mで勝ったのは、今後駅伝のことを考えると弾みはついた。

東日本実業団駅伝は例年通り、勝ちに行くより若い選手を育てるため、5番ぐらいを目指していく。ニューイヤーに関してはチームで持てる総力を上げてやるが、ロンドン五輪のマラソンの選考会もあるので、それを最優先して、次に駅伝と言う考え方を今年はします。藤田は福岡国際マラソン、若手は東京マラソン、琵琶湖毎日マラソンに出すので、まずはそちらを中心にしたスケジュールの中に駅伝が入る形になる。

3日間応援してくださったファンの皆さん、本当にありがとうございました!
これからも応援よろしくお願いいたします。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP