福嶋監督総括コメント


福嶋監督総括コメント
2区が終わった時点で掴みかけた流れを、3区以降でキープすることができなかった。3区はギリギリ持ちこたえてはいたけれど、それでも優勝を狙うには厳しいトップとの差だったし、まだ入賞には望みを繋いでましたが、エース区間の4区で本来の力が発揮できず、そこで勝負は決まってしまったところはありましたね。5区、6区も良くない流れのままだったので、盛り返しは難しかった。
誰のせいとかそういうのはなく、それぞれの選手が一生懸命走ってくれた。それでも、思うような結果にならないのが駅伝という競技。今回の結果をチームとしてもしっかりと受け止めて、原因などを分析し、これからどう改善していくか、もう1回立て直していきたいと思います。

今年はオリンピックイヤーという事もあり、マラソンと駅伝の2足のわらじで練習していたが、やはり難しいと感じた。しかし立ち止まってる場合ではないので、すぐ次のマラソンに向けて、選手たちの頭を切り替えさせて、そこでしっかり結果を出せるようにまた頑張っていきたいです。
今日は寒い中、そして朝早くからたくさんの応援をいただき本当にありがとうございました。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第56回 全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP