今村コーチ 試合後コメント


今村文男コーチ コメント
森岡に関しては50kmを中心でやっているため、練習中から少し気になっていたが、ペースをあげた時の動きの切り替えがもう一つだった。気持ちの空回りというのはどうしてもあるので、それで勝負にならなかった部分もある。ここまでは10・11月は50kmの練習、その後、この日本選手権に合わせて20kmの準備をしてきました。今後は4月の輪島(日本選手権50km)がターゲット。ロンドン五輪出場が決まっているので、今日の結果とここまでの練習を振り返って、必要なトレーニングやこれからの課題を修正しながらやっていきます。

大利は今までライバルがいるなかで、自己記録をマークしたり、勝ってはいるが、今回は自分がスタートリストの1番であり、去年のランキング1位、ライバル不在という様々なオプションがつく中で戦わなければならなかった。いわゆる第一人者というものが求められる中でのレースだった。そういうプレッシャーが掛かる中で、しっかりと結果を出したので、成長したなと感じた。今後については、この試合が終わってからリセットして考えようと、本人にも言ってあります。いくつかプランはありますが、何が一番いいのかを考えます。

これで3人、ロンドン五輪に決まったので、あと川崎一人。五輪に出たくて富士通に来ているので、その気持ちに応えたい。3月の全日本の能美大会に全力投球していきます。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP