大利選手 試合後コメント


大利久美 1位 1:29:48

大利選手コメント
今日は予定していたタイムよりも、早く、積極的に入ってしまいました。もともとは、10kmくらいまで余裕をもったタイムで、と思っていました。ただ、天満屋の井上さんがついてきていて、誰かが前にいる以上は、少しでも前にいかないと、という思いから、自然とペースが上がってしまったかもしれません。結局、早く入りすぎたことで、後半に響いてしまったかなと思います。

調子は良く、4分20秒ペースが、体感としては4分25秒くらいに感じていました。最初のうちは、呼吸も、体も楽だったのですが、最後まで押し切れるまでには至っていませんでした。
10km通過が44分25秒だったのですが、しばらく時計を見ていなかったので、タイムを見て、落ちたなと、その時点でようやく気づきました。決してきつくはなかったのですが、感覚と動きのずれを感じたのが、ちょうどこの10kmでした。

そのあと、タイムのことを言われたのが、残り3周から。そこからペースを落としてはいけないどころか、むしろ上げていかなければならない、というのを指摘されて…。そこからはきつかったですね。

五輪代表に決まったことに関しては、とにかくホッとしています。念願の五輪出場なので。ただ、ゴール後から時間が経って、冷静になって、徐々に実感がわかないというか、不思議な気分です、今は。

五輪が憧れから、明確な目標となったのが、2009年にベルリンで行われた世界陸上ですね。そのときは、日本のトップで大会に臨んだわけではなかったのに、12位という結果だった。国際大会でもある程度、日本人でも戦えるな、ロンドン五輪も夢ではないな、と体感して帰ってきた記憶があります。

本来ならば、五輪の選考会なので、川崎(真裕美)選手と、渕瀬(真寿美)選手と3人で代表権を争って勝ち取りたかったというのがあります。自分でレースを作って優勝したことも、もちろん嬉しかったが、3人で正々堂々と勝負したかった。まだ、自分だけが日本記録をもっていないため、日本のトップという思いはなく、3人で争っていると思っているので、今日、勝負をしたかったのが、正直なところです。

五輪に向けては、後半どれだけ勝負ができるか。また大邱の世界選手権(2011年)で課題と感じた、前半から先頭集団についていけるか、という部分を強化しなければいけないと思う。ロンドン五輪でも、おそらくスピードレースとなると思うので、前半ペースを上げ、維持できることがまず大事。そのうえで、後半のビルドアップをしていきたい。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP