6区:前野貴行選手 試合後インタビュー/ニューイヤー駅伝2017


6区(12.5km) 5位 4:05:58/前野貴行 36:57(区間4位)

自分の持っている力を全て出し切れました。たすきを受けた時は前後と差があったので、必死に前だけを見て順位を1つでも上げることを考えていました。そのぶれない気持ちが順位を2つ上げる(7位→5位)結果に繋がったと思います。レースに出場すればベストの結果を出すのは当たり前ですが、上を目指すにはもっと努力や実力が必要だと感じました。若手の活躍もありましたし、誰一人悪い結果の選手はいなかったので、エースの選手が欠場した中で、6位に入れたことはとても前向きに捉えています。

怪我でレースに出れていない中で、今日ひとつ結果を出すことができました。今日の大会で得られた教訓を今後の大会に生かして結果を残したいです。一つひとつ積み上げていきたいと思います。

🔗 Twitter ★ニューイヤー駅伝2017 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★ニューイヤー駅伝2017特集
🔗 富士通陸上競技部HP