第5区:高嶺選手 試合後インタビュー


自分の区間で言えば、詰めるに詰められないまま、ずるずると差が広がっていった部分が良くなかったと思います。あそこだけですね。あそこでしっかりついていけば、後ろの堺さんにも(佐藤)佑輔も楽な展開になったと思う。自分で、もう少ししっかりしないといけないなと、思いました。

去年よりは押していけたと思いますが、もう一段階速いスピードだと、自分でも納得いったかなとは思います。チーム全体の成績に関しては、良かったか悪かったのかはっきり言えませんが、これを足掛かりにもうひとつ上のレベルにあがっていきたいと思います。

今後は、星や平賀といったいい選手がチーム内にいるので、二人に負けないように頑張っていかなければいけないなと思います。個人的には、もう一段階速いスピードに上げたいと思っています。マラソンをするのであれば2分50秒から2分55秒でしっかり押せるような、足づくりをしていきたいと思います。

🔗 Twitter ★本大会を実況中!
🔗 2014年ニューイヤー駅伝特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP