第7区:佐藤選手 試合後インタビュー


前半は前の選手が近づいてきたのが見えたので、それを確実に捕まえるペースで追いかけて行きました。そうしたら、ちょうど中国電力の出岐選手が来たので風よけに使ってと、そういったアンカーとしてのクレバーな走りはできたと思います。

ただ、ラスト残り500mでスパートをしかけたのですが、最後の150mぐらいで交わされてしまいました。そこに関しては、実力と経験の差をまざまざと見せつけられた形になってしまいました。4位が獲れなかったとかよりも、単純に最後に2人に負けたというのが悔しかったです。順位に関してもいけたはず4位だったので、そこは最低限おさえたかったと思いますし納得はいっていません。

来年は新人だからとかそういう言い訳も通用しませんし強い選手も入ってくると思うので、チーム内の強い先輩たちを目標にしっかり練習して、次こそ優勝を目指す形で取り組んでいきたいと思います。

🔗 Twitter ★本大会を実況中!
🔗 2014年ニューイヤー駅伝特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP