第6区:村上康則選手 試合後インタビュー


チームとして7番というのは不本意な結果ですし、全体で駅伝の難しさを痛感した大会でした。個人的には気温が低かったのもあり、アップを多めにして準備したつもりだったのですが、前半は体が動かなくて、後半6㎞過ぎから体が動いてきて集団に追いつけたという状況でした。

最後は、ここで追いつけないと後ろがきついと思って、絶対追いつこうという気持ちで走ったのですが、最後の1㎞で前を行く選手の後ろについてしまいました。そこでもっと積極的に前に言っていれば、前方の集団に10~20秒つめられたのかなと思うので、そこは反省点だと思います。

全員がそこそこの走りを見せましたが、それではダメ。他のチームのエース級の選手と戦うことを考えれば、いくつかの区間でもっと良い順位を残さなければいけなかったのかなと思います。駅伝としては、今回の結果をしっかりと受けとめて、もう一回やり直したいと思います。個人的には、これからマラソンに挑戦しようと思っているので、ここ2か月は怪我に気を付けながら、しっかりマラソン練習をしていきたいと思います。

🔗 公式ツイッターで実況中!
🔗 ニューイヤー駅伝特集はこちらから
🔗 富士通陸上競技部HP