福嶋監督総括コメント


今回はどれだけ若い選手が走れるかがテーマだったので、順位に関しては予選をしっかり通れればいいと思っていました。1区・2区はある程度予想通りだったのですが、3区で流れが掴めなかったですね。ニューイヤー駅伝に向けてはもう一度トレーニングを積んで、ベストメンバーで戦えるように2カ月間しっかりやっていきたいと思います。

佐藤は力がついてきていますが、あそこの選手が何人か出てこないと、中堅どころが伸びてこない。久我や柏原もそうですが、山口、ジョハナも中村もいるので、ニューイヤーは総力戦になると思います。

大会まではしっかり足づくりをする時間があるので、冬のマラソンをやる選手とそのままトラックで駅伝をやる選手と、それぞれ次のステップに向けて強化して、12月にどれだけ結束できるか。チャンスがある限りは上位を狙って、3強を崩すような走りができればと思っています。中位から上位は紙一重なので、まずは確実に入賞以内をキープして、勝ちにいく流れを作れればと思います。

🔗 本大会の模様をTwitterで実況!
🔗 第56回東日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP