髙橋英輝コメント/第103回日本陸上競技選手権大会20km競歩


日本選手権 男子20km競歩 3位:髙橋英輝(富士通) 1時間19分53秒

髙橋英輝 競技後コメント

自分の今の課題が、そのまま出たレースになりました。フォームを修正することができませんでした。最後にペナルティを受けましたが、急いだのが理由ではないと自分の中では思っています。

レース中盤から、フォームが崩れてしまっているところがありました。日本代表が目標なので、この3位という結果は何も意味がないと思っています。ただ、危惧していた課題が出たというのは、次に切り替える意味では本当に集中して取り組めるので、見えた課題に対して向き合っていくだけだと思っています。

歩形に関する課題は、以前から見えていました。レースの中でその部分が目立ってしまい、修正できなかったのが、足りなかった点だと思います。これからレースを振り返り、その要因がどこにあったのか考えていきたいと思います。3月の能美での大会が最後の日本代表選考レースになるので、そこに向けてやれることをやりたいと思います。

能美は優勝するしかないので、難しいレースになると思いますが、やるべきことをやりたいと思います。何が必要なのかまだすぐには考えられませんが、まず何が駄目だったのかを分析して、時間はないのでポイントを絞って修正し、課題が出たのでそこに取り組んでいきたい。集中して次の試合に臨みたいと思います。応援ありがとうございました。


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP