7区:菊池昌寿選手 試合後インタビュー


アンカーという立場であり、風が強い中でのレースでもあったので、とにかく集団の中でしっかり戦って順位を確保することを目標に走り出しました。集団の一番前で襷を貰ってスタートしましたが、順位を守ることができたましたし、アンカーは最後しっかりと襷をゴールまで運ぶことが仕事なので、その部分では与えられた役割を果たすことができたと思っています。ただ、全体的な3位以内という目標が達成できなかったため、もっとチーム全体のレベルを上げて、もう一度チャレンジしたいという思いが今はとても強くあります。

当然ながら、ニューイヤー駅伝だけでなく、自分にとってはびわ湖毎日マラソン大会なども控えていますので、今回のレースを良いステップにして、次回以降のレースでも良い成績が収められるように頑張って練習に励んでいきたいと思います。今日も寒い中応援してくださった多くの方々に感謝申し上げます。ありがとうございました。私自身、まだまだ現役で頑張っていきたいと思っていますので、これからも応援よろしくお願い致します。

🔗 情報満載のTwitter!★富士通陸上競技部
🔗 ニューイヤー駅伝特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP