頼もしき新参者


レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは

ホーム・とどろきアリーナでおこなわれた三菱電機コアラーズとの第2戦

71-81

で敗れました。
逆転負けです

まだまだ足りないところの多いレッドウェーブですが、課題をひとつひとつ克服して、もっとよいチームになっていきます
とはいえ、今シーズンはレギュラーシーズンの試合数が各チーム全22試合と少ないため、ゆっくりしているわけにはいきません。
焦らずに、でもスピーディーにチームを立て直していきたいと思います

2週続けて連勝ができませんでしたが、新たな戦力が徐々にその力を発揮してくれています。
ルーキーの4人もすでにWリーグデビューを果たしていますが、今日はこの選手を紹介しましょう。

#8内野智香英選手

です。
コートネームは

リツ

です。
静岡商業高校から、#11シィ(篠崎)のいる松蔭大学へ進み(シィの一学年下)、
シャンソン化粧品シャンソンVマジックに3シーズン在籍。
今シーズンからレッドウェーブのメンバーになりました。

177センチのスモールフォワードで、3ポイントシュートが打てて


速攻にも走れる


レッドウェーブの課題であるリバウンドにも参加できるし、


ルーズボールで体を投げ出すことも厭いません


何よりも魅力なのは彼女の運動能力の高さ
力強いステップから相手の接触にも負けずシュートを打ち切りますし、

2人のディフェンスの間を割って入る、男子顔負けのドライブもします

前日には「ユーロステップ」と呼ばれる、1歩目と2歩目のステップを異なる方向に踏み出すステップで相手をかわしていました。
なんて

頼もしい新参者

なんだ

とはいえ、まだまだミスもあるし、チームメートとのコンビプレーにも多少のズレがあります
ということは、そこが改善されればもっともっと大きな戦力になる
ワクワクしますねぇ

今日は敗れましたが、レッドウェーブののびしろはまだまだ大きい
来週は#8リツ(内野)の前所属チーム、シャンソン化粧品とのゲームになります。
第1戦は平塚開催ですし(第2戦は栃木県の小山)、#8リツ(内野)のダイナミックなプレーをライブで観つつ、
レッドウェーブへのご声援をよろしくお願いいたします


🔗 ファンクラブの入会・更新はコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 20th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


WAして勝つ!


レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは

少し遅くなりましたが、ホームコート、とどろきアリーナでおこなわた27日の三菱電機コアラーズ戦は見事、レッドウェーブが勝ちました

ドウェーブ79-68三菱電機コアラーズ

シーズン序盤でまだまだかみ合わない場面は多々ありました。
正直ミスも多かった

でもレッドウェーブにはチームの

和(WA)

があります。

ゲームが始まる前もスタメン5人とベンチが一体となり、


劣勢にはチーム全員で1つのボールを守る。


そうして守ったボールをみんなでつなぎ、誰かがシュートを決めれば、ベンチも大盛り上がり

#12篠原、#9村山も満面の笑みでチームメートを称えます。

取りようによってはルーキーの#13谷口から「リーさん(#12篠原)、いつまでも喜びすぎですよとツッコまれているようにも……


それくらいチームが1つの

輪(WA)

になって、今日のゲームを勝ち取りました

むろんそこにはファンのみなさんの存在も不可欠です。
今日もどれだけみなさんの声援が力になったことか……


これはもうお世辞ではなく、本当に力強い後押しになっているんです

私たちがみなさんに直接できることは、試合後のハイタッチくらいしかありませんが、そこでみなさんと交わす手の温もりがまた、明日のチカラになるんです

そういう意味ではみなさんとのつながり、すなわち

和(WA)

がレッドウェーブを勝利に導くのでしょう
本当にありがとうございます

シーズン序盤、まだまだ厳しい戦いは続きます
引き続きご声援いただき、

WA

――和であり、輪となって、頂点を目指しましょう

ともに同じ時間を過ごし、ともに戦ったことは、ファンのみなさんだけでなく、我々選手やチームにとっても財産になるんです
そうして20年目のWリーグをみんなで勝ち抜きましょう

明日も、今日以上のご声援をよろしくお願いいたします


🔗 ファンクラブの入会・更新はコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 20th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


レッドウェーブはピンクリボンキャンペーンに賛同します


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

開幕週を1勝1敗で終えたレッドウェーブですが、次戦、とどろきアリーナでの三菱電機コアラーズ戦に向けて、練習を再開しています
Wリーグの開幕週は、2つのカードを除いた4つのカードが1勝1敗と、今シーズンの混戦を予感させる展開で始まっています。
そこから抜け出すためにも、まずはしっかり練習をして、今週末こそ2連勝だ

さて、開幕週を、特に会場で観られたみなさん、お気づきにならましたか?
髪の長い選手たちがピンクのゴムで髪の毛を束ねていたんです。


10月は、おもに女性に多いとされる乳がんの正しい知識を広め、早期発見、早期治療の大切さを啓発する世界的なキャンペーン、

ピンクリボン

のキャンペーン月間なんです
レッドウェーブもその趣旨に賛同して、上記のような行動をとらせていただいております。

またマネージャーやトレーナーはピンクのシューズを着用しています。


一人でも多くの方にそのことを知っていただきたく、また一人でも多くの乳がんで苦しむ方が少なくなるよう、10月中はそうした活動をさせていただきます。
ご理解のほどをよろしくお願いいたします

ピンクリボンとは異なりますが、第20回大会のレギュラーシーズンの全ての試合会場において試合前のスターティングメンバー紹介時に、全チームのスタメンの選手たちがファンの皆さんに投げ込みプレゼントを行っております。(参照 https://www.wjbl.org/static/topics/press/20181017_signbib_present.pdf


これは全チームに共通するものですが、中身は、な、な、なんと

レプリカのユニフォームです。
手前左のお子さんが着用してくださっている「00番」のものですね。
*こちらの写真は保護者の方に掲載の許可をいただいております。転載はお控えくださいますようお願い申し上げます。

これはシーズンを通して、ホーム・アウェー関係なく、おこないますので、ぜひWリーグおよびレッドウェーブの試合に足を運んでください。
まずは今週末のとどろきアリーナへGO
あこがれの選手からもらえるかもしれませんよ


🔗 ファンクラブの入会・更新はコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 20th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


この負けを価値あるものに


レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは
昨日の開幕戦を苦しみながら勝利したレッドウェーブでしたが、
東京羽田ヴィッキーズとの第2戦は

【72-75】

で逆転負けを喫しました
今シーズン、初黒星ですチームディフェンスが機能せず、後手に回ることが多くなり、

#10ルイ(町田)はリードをしている時間帯さえ「いいリズムでバスケットができていなかった」と振り返るほどです

ルイ自身はチームトップの18得点をあげました。
ディフェンスをよく見て、冷静にシュートを決めていたのが印象的でした。


ただルイが求めるのは自分自身の得点ではないわけで……

もちろんコーチも、選手もなんとか立て直したいと必死でした。
コーチ陣はしっかり検証し、話し合い、

それを選手に伝え、

選手たちもまたコミュニケーションを取って、

チームで流れを取り戻そうとしていました。

当たり前の光景かもしれません。
でもその当たり前をしっかり遂行することでしか、勝利は得られないわけです。
やり続けるしかない

今日の一敗は見過ごしていい敗戦ではありません
それでも昨日、今日と多くのファンのみなさんが応援に駆けつけてくださり、
最後まで声援を送ってくださいました。

本当にありがとうございます
みなさんの声援をレッドウェーブの推進力に変えなければ

来週はホーム・とどろきアリーナで三菱電機コアラーズとの対戦になります
今日の負けを価値あるものにするために、三菱電機戦に向けて、また必死に練習に励みます。引き続き、ご声援をよろしくお願いいたします

次こそ連勝だ


🔗 ファンクラブの入会・更新はコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 20th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


2018-2019シーズン開幕! レッドウェーブ、白星発進!


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは
本日、Wリーグの2018-2019シーズンが開幕しました。

レッドウェーブの開幕戦の相手は、
東京羽田ヴィッキーズ

果たして、その結果は――

もうご存知だとは思いますが、

【82-72】

でレッドウェーブの勝利

内容としては両手を上げて喜べるものではありませんでしたが、まだシーズンは始まったばかり。
今の時点で完璧と言えるチームはないはず。
むろん、それを承知の上で、コーチや選手たちは内容が悪いと反省の口にするのでしょう。
でも、今シーズンはレギュラーシーズンが22試合と、例年に比べるとやや少ないので、1つの勝敗がプレーオフ進出に大きく左右されます。
この1勝があとで大きな意味を持つことだってあるわけです。
ここは素直に喜びたいと思います

内容が悪いといっても、すべてが悪かったわけではありません。
ディフェンスだって、最終的には72失点していますが、いいところもありました。

#5ナオ(曽我部)のディフェンスは相変わらずいい。

相手を嫌がらせるという意味ではチームナンバーワンかも

#10ルイ(町田)も負けていません。

激しいディフェンスで相手の攻撃を狂わせていました。

#16クゥ(栗林)も1対1では相手からスティールする場面がありました。

そして何より、開幕戦のレッドウェーブは例年以上にボールへの執着心が強かった。

まずは#5ナオ(曽我部)

少しでも相手の手からボールがこぼれようものなら、ダイブしますからね。

もちろん、この方も忘れてはいけません

このときの#31シオリ(高田)は、審判の笛が鳴ってもボールを離しませんでした。
絶対にこのボールは渡さない
そんな強い気持ちがヒシヒシと伝わってきました。
それこそが最後の最後で勝敗を分ける分水嶺になると思います。
神は細部に宿るのです

そしてもうひとり。

ルーズボールに飛び込んだのは誰でしょう?

正解は――

#8リツ(内野)です。
今シーズンからレッドウェーブに移籍してきたリツもダイブを嫌がらないタイプのようです。

硬い床に飛び込めば、それは誰だって痛いです
あざだってできるでしょう
それでもチームを勝利に導くために飛び込める選手が一人でも多く出てくれば、今日は、特に後半がけっしていい内容とは言えませんでしたが、その風向きは必ず変わってきます

明日(正確には今日の15時から)も東京羽田との対戦です。
泥臭く戦いながら、そのなかから生まれる華麗なるレッドウェーブのバスケットをみなさんと一緒に見たい

明日も応援をよろしくお願いします


🔗 ファンクラブの入会・更新はコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 20th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP