富士通レッドウェーブバスケットボール教室の開講報告


こんにちは。スクールコーチの泉です。
『富士通レッドウェーブバスケットボール教室』の第二期(2018年1月~3月)が終了しましたので、ご報告をいたします。

今回も元気いっぱいな子が集まってくれて、2クラスとも、20名満席で開講となりました

コーチにはOGの中原(マリ)や三谷(レイ)をはじめ、日下コーチも参加しパスとシュートの基本ドリルやボールをもっていない人の動きを意識付けする練習を中心に進めました。

練習では個人の上達とともに、ゲームにおいては自分たちからチームで話し合って進める姿も見られるようになりました。参加しているコーチ陣も、ご参加いただいたみなさんのお蔭で学ぶ機会となり、楽しく進めることができました。

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました

小学3・4年生のクラス
小学5・6年生のクラス
富士通レッドウェーブバスケットボール教室について

地域貢献・社会貢献活動の一環であり、WJBLに在籍しているチームとして、バスケットボールの普及・強化に努めること。また、子ども達とのふれあいをより深く、多くする機会を増やし、バスケットボールやチームのファン拡大を目指すことを目的に活動しております

なお、この教室は、川崎市スポーツ・文化総合センター「カルッツかわさき」のジュニア教室の1つとして、小学3~6年生の女子を対象に個人のスキルアップ目指した教室を開講しております。
🔗 カルッツかわさき

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 今だけ年会費割引中ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


お世話になった皆様へ


公式サイトでもお伝えしましたとおり、2017-2018シーズンをもちまして、佐藤梓・橋詰まり・髙橋玉衣の3名の選手・スタッフが退任することになりました。

長い間、チームのために頑張ってくれた3名から、皆さんへのメッセージをお届けいたします。


佐藤梓選手

コメント
今シーズン限りで引退する事になりました。
怪我が多く、なかなか納得のいくプレーが出来ない時もありましたが、周りの支えがあったお陰でここまでやってこられたと思います。
どんな時でも応援してくれていた家族、友人、恩師、ファンの方々や、これまで一緒に頑張ってくれた仲間達、サポートしてくれたスタッフには感謝の気持ちでいっぱいです。
私はレッドウェーブでバスケット人生を終えることが出来て良かったと思います!
今後はレッドウェーブのいちファンとして応援していきたいと思います!
本当に皆様今までありがとうございました。


橋詰まり選手

コメント
今シーズンをもってレッドウェーブを退団し、選手を引退しました。
いつも会場を真っ赤に染めて、一緒に戦って下さったファンの皆様には、沢山の力をもらい苦しい時も何度も救われました。SNSでのメッセージ等もすごく嬉しかったです。
私がチームに何か残すことが出来たかは分かりませんが、私にとっては得るものが多く、毎日充実した時間を過ごし、良い経験をさせて頂きました。
それも会社の方々の理解やサポートがあってだと思っています。
レッドウェーブの一員として、最高の環境で最高の仲間とプレー出来たことは私の誇りです。
この経験を活かし、次のステージでも私らしく頑張ります。
4年間ありがとうございました。


髙橋玉衣トレーナー

コメント
4年間、お世話になったチーム関係者、いつも温かい声をかけてくださった会社の方、ファンの皆様、本当にありがとうございました。
レッドウェーブに入った1年目、真っ赤に染まった会場にとても感動したことを覚えています。
選手だけでなく、私たちスタッフにとっても、励みになりました。
こういった素晴らしい環境でチームに携われたことに、只々感謝しております。
今シーズンをもちましてチームからは離れますが、これからはいちファンとしてレッドウェーブを応援していきたいと思います。
4年間、本当にありがとうございました。

3人はチームを去ることとなりますが、新しい門出を温かく見守っていただけるとうれしいです!

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP