カギは3ポイントシュート!?


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

先々週のデンソーアイリス戦、先週のJX-ENEOSサンフラワーズ戦と4連敗中のレッドウェーブですが、今週末の試合に向けて気持ちを切り替え、高めています。

今週末は小田原アリーナで
3日(土)が15:30から新潟アルビレックスBBラビッツ
4日(日)が15:00から日立ハイテククーガーズ
です。

現在の順位ではレッドウェーブが上位にいますが、何が起こるかわからないのがスポーツの世界。
けっして侮ることなく、しかし怖れることなく、堂々と立ち向かっていきたいと思います。
応援よろしくお願いします

さて今週末のゲームについて、小滝道仁ヘッドコーチは「ディフェンスから速攻を出す展開を増やしたい」とおっしゃっていました
その言葉どおり、激しいディフェンスで相手にミスを誘い、そこから流れを生み出していきたいですね

しかし40分間、速攻だけで得点を取ることはできません。
となると、1つポイントになりそうなのが、

3ポイントシュート

です
負けた4試合のなかでも20本以上打てている試合はあるんです。
これはチームオフェンスがうまく機能しているからです


ただその確率はどうなのかと問われると……

特にJX-ENEOSとの第2戦の終盤、離されて始めたときに3ポイントシュートを決められれば、相手に与えるダメージも大きく、試合の流れは変わっていたかもしれません。
試合後#10ルイ(町田)も「ノーマークのシュートを自分たちが決めなければいけませんよね」と反省していました
選手たちははっきりと認識しているので、これからしっかりと上げてくれるでしょう


3ポイントシュートを効果的に決めれば、相手の気持ちを揺さぶることができます。
それはJX-ENEOSの第2戦、第3Qに#9ショウ(村山)の3ポイントシュートで同点に追い付いたあとのJX-ENEOSの気の引き締め方を見ても、それはわかります。


もちろん、そこで気持ちとプレーの切り替えを素早くできるのがJX-ENEOSの強さでもあります……見習いたいところです

まだ進出が決まったわけではありませんが、プレーオフに向けてこれから3ポイントシュートにも注目したいと思います。
大丈夫、レッドウェーブにはそれをできる選手がたくさんいるのですから
信じています

では週末、小田原アリーナ、もしくはW-TVでお会いしましょう

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 19th Wリーグ特集


連敗も収穫のあった長崎シリーズ


レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは

前日完敗を喫したレッドウェーブでしたが、第2戦となる今日はしっかり立て直して戦えたと思います。
しかしさすがはリーグ9連覇中のJX-ENEOSでした
レッドウェーブが流れに乗りかけると、すぐにその流れを断ち切って、一度もリードさせてくれません。
気付けは20点差の敗戦。

レッドウェーブ 53-73 JX-ENEOSサンフラワーズ

悔しいけれど、#12リー(篠原)が試合後のコメントで言っていたように、それが今の力の差なのかもしれません。
でもそれはけっして諦める言葉ではなく、差を認めたうえで今後のゲームを戦い、もっともっと成長してやるんだという強い意志のように感じました
だよね、リー?

さて昨日と今日、その#12リー(篠原)を中心としたレッドウェーブのビッグマンがよく頑張っていました。

#12リー(篠原)はJX-ENEOS#10渡嘉敷選手を相手に堂々と1対1を仕掛け、得点を取っていましたし、

中学、高校時代の先輩でもあるJX-ENEOS#21大崎選手が寄ってきても、怯みませんでした。


また、昨日もお伝えした#16クゥ(栗林)は今日もペイントエリア内で戦っていました。。

すぐに追い越せる相手ではありませんが、チャレンジし続けたことは彼女の未来につながるはずです。

このように、JX-ENEOSが誇る、日本を代表するビッグマンたちにも負けないレッドウェーブのビッグマンたち
まさにレッドウェーブの大黒柱です

しかし現代バスケットはビッグマンだけでは勝てません
もっと幅が広くて、もっと分厚い攻撃をしなければ、女王の牙城が崩れていくことはないでしょう。
むろんプレーの精度、質も求められます。
そのことに改めて気付けただけでも、今シーズン初の対戦となったJX-ENEOSとの長崎シリーズは収穫だったのではないでしょうか

次週からは1日ごとに対戦相手が変わる、各チームとの第3戦が始まります。
相手のバスケットに対応しつつ、自分たちのバスケットの幅の広さ、質の高さを求めて、最後の最後でみなさんと一緒に笑いましょう

今週もご声援、本当にありがとうございました
赤と黄色の交じった応援は、大村のみなさんの愛情が感じられて、嬉しかったです

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 19th Wリーグ特集


完敗から何を得るか……


レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは

長崎シリーズ初戦……完敗です
レッドウェーブ 73-111 JX-ENEOSサンフラワーズ

もはや言い訳のしようもありません。
悔しさと不甲斐なさと、応援してくださっているみなさんへの申し訳なさしかない。
100点以上の失点で負けたのなんて、いつ以来でしょう?
本当に悔しい

でもその悔しさ、不甲斐なさを誰よりも強く感じているは選手やコーチたちだと思います。
111失点もするなんて……自分たちは何をしているんだろう?
そう思っているはずです。
だからこそ、明日、もう一度JX-ENEOSに今日以上のエネルギーで立ち向かっていかなければいけません

こんなことを書いてはいけないと思いますが、今は勝ち負けよりも、自分たちが納得できる、ファンのみなさんに「これがレッドウェーブのバスケットだ!」と胸を張れるようなゲームをしてほしい。
それがきっとプレーオフにつながるはずだから

と、ちょっと熱くなってしまいましたが、今日のゲームはけっして悪いことばかりではありませんでした。
ん? これ、先週も同じフレーズを使ったような……

今日は#11シィ(篠崎)が積極的にアタックし、久々に(?)シィらしいプレーを見せてくれました。

本人はまだまだみたいな感じなので、明日以降、もっともっと上げてもらいましょう

また#16クゥ(栗林)も、初のJX-ENEOS戦でよく頑張りました。
JX-ENEOS#10渡嘉敷来夢選手を相手にもゴール下で戦っていましたし、


終盤には、同じルーキーの#33梅沢カディシャ樹奈選手とのマッチアップは見応え十分でした こういうライバル関係が#16クゥ(栗林)をより高みに引き上げていくのでしょう。

もちろん#10渡嘉敷選手や、#21大崎佑圭選手にはやられてしまう場面のほうが多かったのですが、彼女たちはいわば今の日本の頂点に立つビッグマンです。

 そんな彼女たちとマッチアップをすることで得られるものもあったはず
この経験を次に生かしてほしい。
もちろん「次」というのは、数年後という意味だけでなく、明日すぐにでもできることをやってほしいという意味です。

負けて終わりにはしませんよ

もちろんほかのメンバーだって、このままで終わる選手たちではありません
明日、もう一度
最後の最後で勝つために、今できることを精いっぱいやり抜きます

明日は大村市体育文化センター(シーハット大村)13:30ティップオフです

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 19th Wリーグ特集


貫いた先に


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

やってきました、長崎。
初日の今日は島原で、二戦目の明日は大村でのゲームになります。


相手は、先日もお伝えしたとおり、女王JX-ENEOSサンフラワーズ

しかし今のレッドウェーブに必要なのは、相手云々ではなく、自分たちのバスケットを40分間貫くこと
どこまで激しく守って、どこまで走りきるか
リバウンド、ルーズボールにも果敢に向かうだけ
ハーフコートではチャンスを逃さず、積極的にシュートを狙っていく。

もちろん相手の力を考えるとけっして簡単なことではありません。
でも、だからこそやる価値があるというものです。

“価値”を“勝ち”につなげよう

今週も、会場のみならず、全国津々浦々からの熱いご声援をよろしくお願い致します

今シーズンからはインターネット配信でもWリーグのゲームを無料で視聴可能です。ライブはもちろん、ビデオ・オンデマンドでお楽しみいただけます。
まずはW-TV(http://w-tv.jp/)にてアカウントを作成してください。

会場だけでなく、全国各地からもレッドウェーブへの熱くて赤いご声援を、どうぞよろしくお願いしますTwitter(@Fujitsu_Basket)のフォローも是非!お願いします

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 19th Wリーグ特集


明日から長崎シリーズ……と、その前に。


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

雪の影響は大丈夫でしたか
怪我、もしくは風邪などひかれていませんか?
これから今季最大の寒波がやってくるそうなので、十分に対策をなさってくださいね

さて、ホーム・とどろきアリーナで連敗を喫したレッドウェーブは、明日からの長崎シリーズに向けて、入念な準備、調整をしています

相手は、現在リーグ9連覇中の女王・JX-ENEOSサンフラワーズ
思い切り立ち向かっていくだけです

でも大丈夫、レッドウェーブには最強のファンがついています
先週も、結果として勝利をお見せすることはできませんでしたが、とどろきアリーナで多くの声援を受けることができました。


それがどれだけ選手たちの力になるか

また先週はホームということもあって、


土曜日はキッズチアの子たちがハーフタイムに演技を披露してくれました
みんな一生懸命に踊ってくれて、とても素晴らしかったよ


日曜日は日本一に輝いた富士通フロンティアーズの#99高橋選手、#43高谷選手、#44趙選手が優勝報告とともに、レッドウェーブに熱いエールを送ってくれました
レッドウェーブもフロンティアーズに負けないよう、これからもっともっと頑張ります

キッズチアのみなさん、フロンティアーズのみなさん、ありがとうございました


もちろん両日ともにフロンティアレッツのみなさんも会場に華を添えてくださいました。
いつ見てもキレイで、かっこいい
いつも本当にありがとうございます。

多くの方々の応援をしっかりと受け止め、レッドウェーブはこれからさらに高みを目指していきます

長崎および九州地区のレッドウェーブファンのみなさん、明日からよろしくお願いいたします
長崎はちょっと遠い……というみなさん、W-TVでのご声援をよろしくお願いいたします

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 19th Wリーグ特集