光る積極性


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

先週末、三菱電機コアラーズに連敗したレッドウェーブですが、
いつまでも下を向いているときではありません

今週末に奈良、大阪でおこなわれる

 

トヨタ自動車アンテロープス

 

との対戦に向けて、しっかりと準備をしています。

と、先のことを話しつつ、改めて三菱電機戦を振り返りたいと思います。
といっても、前向きな振り返り

前回は終盤の諦めの悪さ(いい意味で)を、#12リー(篠原)らを通してお伝えしました。

しかし、もうひとつ、あの2試合で光るものはありました。

ベンチメンバーの積極性

 

です。

「ベンチメンバー」と書くと、スタメンと差別しているように聞こえるかもしれません。
しかし、レッドウェーブファンのみなさんもご存じのとおり、
バスケットはスタメン5人だけで戦う競技ではありません。
「シックスマン」と呼ばれる、6人目までの選手だけでもない。

試合開始時にはベンチに座っているけれども、ゲームの流れの中で、ヘッドコーチが「ここ!」と判断したところでコートに立ち、活躍できる選手が必要なのです。
それがベンチメンバーの重要な役割でもあるわけです。

前置きが長くなりましたが、三菱電機戦。

#9ショウ(村山)の積極的なシュートが光りました。
3ポイントシュートだけで9本
たとえ入らなくても、打ち続ける
こうした姿勢は、むしろスタメンの5人よりも強かったといえるかもしれません。

また#16クゥ(栗林)のファウルトラブルもあって、いつもより早めにコートに立った#14マリ(橋詰)も積極的にシュートを打っていました。

なんとか流れをレッドウェーブに引き寄せよう

 

そんな思いがひしひしと伝わるプレーぶりでした。

さらに小滝ヘッドコーチが今シーズン、チームに勢いを与える存在として期待している#25キラ(内尾)も、
少ない時間ながらシュートを放つなど、やはり前向きな思いをコートで表現していました。

スタメンに高卒ルーキーの#16クゥ(栗林)が入ったことで、彼女たちを

若手

と呼ぶには少々憚られますが
それでも彼女たちがレッドウェーブの貴重な戦力であることは、敗戦の中で改めて、そしてはっきりと見えてきました

今週末に対戦するトヨタ自動車は、昨シーズン負け越している相手です。
しかも、その彼女たちもまたベンチにまで実力者を揃えています
そんな強豪チームだからこそ、勝って、レッドウェーブに再び

大きな波

をもたらしたい

土曜日は、ならでんアリーナ(奈良)で17時40分から

日曜日は、府民共済SUPERアリーナ(大阪)で17時30分から

どちらも
デンソーアイリスシャンソン化粧品シャンソンVマジック
の対戦の後。

日曜日に関しては、さらにその前にBリーグの
大阪エヴェッサ西宮ストークス
“関西ダービー”もおこなわれます。
レッドウェーブの試合を含むと3試合もトップレベルのバスケットが観られるんです

土日は関西でバスケット三昧や~

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 19th Wリーグ特集


この負けを糧にして


レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは

連敗です
レッドウェーブ 74-76 三菱電機コアラーズ

反省すべき点は多々あります。
負けたのですから当然です

でも、だからこそ、その反省を繰り返さないよう、次に向かって立ち上がらなければなりません
負けを負けのままにしておかないことが大切です。

また敗戦の中でも光はいくつもありました
最大得点差の13を一度は逆転したことが、その1つでしょう。
いや、その後、再逆転され、そこで追いつけなかったことは反省点ですが、
少なくとも諦めずに戦い抜いたことは、次につながります。

終盤、けっして万全ではない#12リー(篠原)が、激しいマークに苦しい表情を浮かべながらも攻め続けていたのが印象的でした。

#12リー(篠原)はチームトップの23得点

残り25秒には、


#11シィ(篠崎)の厳しい守りをかいくぐった三菱電機#45渡邊選手にドライブを決められ、逆転されます。
しかし残り9秒

#12リー(篠原)がこの攻撃でファウルを受け、そのフリースローを確実に沈めました。
再び同点に追いついたんです。

延長戦突入か――

しかし残り1秒、

三菱電機#8川井選手のアタックを止め切れませんでした。
写真のタイムは3秒ですが、これは打った瞬間で、決まったときは1秒になっていました。

それでも諦めないレッドウェーブはタイムアウトでプレーを確認し、

#10ルイ(町田)のラストショット

……これが外れて、試合終了となりました

この画像を見るまでもなく、選手たちは今、悔しさでいっぱいだと思います。
でも、そこからまた立ち上がって、来週以降のゲームでよりよいパフォーマンスを見せてくれるはず。
そう信じています

連敗は悔しいですが、レッドウェーブの戦いと成長は、まだまだこれからです

本日も応援ありがとうございました

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 19th Wリーグ特集


チーム全員で勝利を!


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

昨日、今シーズン初の敗戦を喫したレッドウェーブですが
一晩でしっかりと切り替え、本日の三菱電機コアラーズ戦に臨みます。

場所は同じく愛知県体育館。
本日もBリーグの試合に続いてのゲームになります。

昨日もアウェーの地で温かい声援をいただきました。

本当にありがとうございます

もちろん会場には来られなくても、全国からさまざまな形で応援をしてくださるファンのみなさんの声援も届いています。

だからこそ勝ちたいんだ

今日は勝つ
チーム全員で勝つ

今シーズンからはインターネット配信でもWリーグのゲームを無料で視聴可能です。ライブはもちろん、ビデオ・オンデマンドでお楽しみいただけます。
まずはW-TV(http://w-tv.jp/)にてアカウントを作成してください。

会場だけでなく、全国各地からもレッドウェーブへの熱くて赤いご声援を、どうぞよろしくお願いしますTwitter(@Fujitsu_Basket)のフォローも是非!お願いします

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 19th Wリーグ特集


少しずつの変革


レッドウェーブファンのみなさん、こんばんは

今シーズン初黒星です
悔しい。

しかし

「負けに不思議の負けなし」

の言葉があるように、やはり課題の多い試合でした。

小滝ヘッドコーチ、#11シィ(篠崎)が試合後のコメントでも語ったように、
後半のディフェンスが崩れ、失点を重ねると、オフェンスでもリズムに乗れず、
再逆転での勝利はなりませんでした。

しっかりと立て直して、明日こそは勝利をつかみ取りたいと思います。
明日も応援をよろしくお願いいたします

さて、今日はこの人の誕生日でした

35回目の誕生日を迎えた日下光コーチ

日下光コーチです。
それだけに

バースデー勝利

をプレゼントしたかったのですが……

しかし悪かったことばかりではありません。

終盤に見せた#11シィ(篠崎)の連続得点
これで3点差にまで追い上げることができました。
今年のレッドウェーブは苦しくなっても、タダでは終わらないのです。
いや、むしろ、今日も逆転するつもりでしたし

加えて、先日も当ブログに出演していただきましたが、#31シオリ(高田)の

ボールへの執着心

は今までのレッドウェーブには、あまり見えなかったもの。

試合終盤には

相手のベンチに突っ込むほどのダイブを見せてくれました。

これはみんなで見習って、共有して、次は#31シオリ(高田)ではない誰かのこのシーンを見たいと思います。
そして、それをレッドウェーブの伝統にしよう

敗れはしましたが、そのなかでも変わっていくレッドウェーブに触れてもらえれば嬉シィです。あっ、また……いや、でもシオリのネタがないや
「シオリ」でダジャレは難シィっす。
あ、また……

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 19th Wリーグ特集

明日も応援をよろしくお願いいたします。


完全アウェーを打ち破れ!


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

ただいま4連勝中のレッドウェーブは今週、

三菱電機コアラーズ

と対戦します。

 

これまで何度となく苦しめられた、ちょっと苦手な(?)相手

しかしそんな苦手意識も吹き飛ばし、
レッドウェーブが優勝するためには倒しておかなければいけない相手でもあります。

来週以降の対戦を考えても、
まずはこの三菱電機戦をしっかりと勝ち切りたい

会場は三菱電機のホーム、愛知県体育館

しかもレッドウェーブ戦の前には、Bリーグの
名古屋ダイヤモンドドルフィンズ三遠ネオフェニックス
のゲームがおこなわれています。

名古屋Dのファンが会場に残れば、まさに

完全アウェー

のなかで戦わねばなりません。

いいじゃないですか、完全アウェー
それを乗り越えてこそホンモノになれます

今日もファンのみなさんとともに、
ONE TEAM, ONE HEART
で、勝利をつかみとりましょう

愛知はあいにくの雨です
会場にお越しの際は、足元にお気をつけてご来場ください。

今シーズンからはインターネット配信でもWリーグのゲームを無料で視聴可能です。ライブはもちろん、ビデオ・オンデマンドでお楽しみいただけます。
まずはW-TV(http://w-tv.jp/)にてアカウントを作成してください。

会場だけでなく、全国各地からもレッドウェーブへの熱くて赤いご声援を、どうぞよろしくお願いしますTwitter(@Fujitsu_Basket)のフォローも是非!お願いします

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 19th Wリーグ特集