最強の笑顔


プレーオフ・セミファイナル第2戦…勝ちました!

大逆転勝利です。

レッドウェーブ 64-58 シャンソン化粧品シャンソンVマジック

前半を終えた時点で25点差。
正直なところ、逆転は厳しい…多くの方がそう思っていたのではないでしょうか?

しかし諦めの悪いレッドウェーブの選手たちは!

そこから驚異の追い上げを見せ、大逆転劇を見せてくれたのです。

やはり有名マンガではありませんが、

諦めたらそこで試合終了ですよ。

になるところでした。

勝因を挙げれば、第3Qの序盤で見せた#0モエコ(長岡)の勢いに、

#10ルイ(町田)が乗り、#12リー(篠原)も乗ったことだと思います。

もちろん彼女たち以外の選手も、です。

BTヘッドコーチも言っていましたが、やはりレッドウェーブはチームで戦わなければ勝てません。

それを改めて感じたゲームでした。

ただ得点だけではありません。

#0モエコ(長岡)の、指先まで伸ばした必死のシュートチェック。

#12リー(篠原)も混戦の中で必死にリバウンドに喰らいつきます。

そうしたディフェンスでの必死さがチームにさらなる良いムードを生み、

#10ルイ(町田)のバスケットカウントを引き出しました。

そのとき、床に倒れた#10ルイ(町田)を

#11シィ(篠崎)が笑顔で助け起こしに来て、

#0モエコ(長岡)もすぐにサポート。

二人ともいい笑顔です。

必死にプレーし続けるからこそ生まれる最強の笑顔

もちろん、まだセミファイナルは終わっていません。

気を緩めず、それでいて、この笑顔の波に乗って、第3戦も勝利を。

選手の頑張りと、みなさんの熱い声援が選手たちの笑顔を引き出してくれました。

本当にありがとうございます。

そして今日はマネージャー、サキ(一色)の誕生日。

同期入社の#0モエコ(長岡)は

「サキの誕生日だから負けられなかった」

後半に爆発した理由の一端をそう教えてくれました。

サキ(一色)、Happy Birthday!

第3戦も勝って、レッドウェーブファミリーみんなでファイナルに進みましょう。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 17th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


ただ前だけを見て


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

昨日、敗戦でセミファイナルをスタートさせたレッドウェーブですが、

みなさん、朗報です!

レッドウェーブは今シーズン、日が連続しておこなわれるゲームでの連敗はありません。

ということは、今日のゲームは……!

と言いながら……

何事につけ、うまくいかないことはあります。

そこでの反省は必要ですが、後ろばかり見ていても、また下を向いていても何も変わりません。

立ち上がって、前だけを見て、次の壁をどう乗り越えるか。

そんな前向きな姿勢が力になるのです。

選手たちはやってくれます。

だって富士通レッドウェーブですから。

ここからビッグウェーブを起こしましょう。

本日も熱い応援をよろしくお願いいたします!

🔗 試合速報はコチラ。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 17th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


今こそ“シンカ”を


プレーオフ・セミファイナル第1戦…敗れました。

レッドウェーブ 61-65 シャンソン化粧品シャンソンVマジック

前半は悪いなりに我慢もできていたのですが、

後半はその糸が、切れるところまではいきませんでしたが、少し弛んでしまいました。

いえ、気を抜いたわけではありません。

むしろ気は張っていたのですが、違うところに気を張りすぎてしまいました。

誰もが悔しい思いをしていると思いますが、今日は彼女を取り上げましょう。

試合終了後、ひとりうつむく――#0モエコ(長岡)です。

12得点は取っていますが、終盤の追い上げで決めた2本の3P以外は、すべてフリースロー。

もちろんフリースローで得点をつなぐことはとても重要なことですが、

レッドウェーブのエースである彼女にとっては、納得できないのかもしれません。

毎度のこととはいえ、#0モエコ(長岡)へのマークは厳しい。

相手チームにしてみたら、彼女を乗らせたくないわけですから。

それでも、それさえも乗り越えて、勝利に導くのがエースだとしたら、

いや、#0モエコ(長岡)はそう思っているのでしょうから、悔しさも人一倍なのです。

しかし、上記のとおり、終盤の追い上げで見せた3Pは必ず明日につながるはずです。

集中力を切らすことなく、打ち続けたメンタルは成長の証でもあります。

敗れはしましたが、今こそ、エースとしての真価が問われるときですし、

今こそエースとして進化すべきときです。

気負いはよくありませんが、エースとしての“シンカ”――真価と進化――を見せることが、

明日以降の今シーズン最後までと、その先の未来につながっていくのです。

明日も厳しいマークに合うでしょう。

それでも強く、強く、強く。

ファンのみなさんの、#0モエコ(長岡)を支える声援で、彼女は何度でも立ち上がります。

明日も、#0モエコ(長岡)とレッドウェーブに熱い応援をよろしくお願いいたします!

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 17th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


セミファイナル、開幕!


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

今日からプレーオフ・セミファイナルが始まります。

舞台である秋田は雪です。

おお、これは吉兆。

雪の白は“白星”の白。

秋田出身の選手は引退しましたが、同じ雪国である北海道出身の選手もいます。

あ…それは対戦相手のシャンソン化粧品も同じか

いや、レッドウェーブには2人います。

その差で勝ちましょう。

クォーターファイナルの苦しみは、糧にしながらも、嫌なところはしっかりと忘れて、

真っ白な状態で臨みます。

そう、秋田の雪景色のように。

そして雪の下に埋もれている勝利を掴み取ります。

本日の第1戦は13時ティップオフ。

みなさんの、雪をも溶かす熱い応援を、本日もよろしくお願いいたします!

🔗 試合速報はコチラ。

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 17th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP


初のファイナルへ!


レッドウェーブファンのみなさん、こんにちは

月曜日にプレーオフ・セミファイナル進出を決めたレッドウェーブは、

週末、秋田でおこなわれるそれに向けて、最終調整真っただ中です。

そんなレッドウェーブにおいて、セミファイナルの舞台に初めて立つ選手がいます。

1人はルーキーの#5ナオ(曽我部)。

新人ですから、これは当たり前といっていいでしょう。

もう1人います。

誰だかお分かりですか?

#8ハル(佐藤)です。

前所属の三菱電機コアラーズ時代を含めて、セミファイナル進出は初めてのことです。

それを争ったのが前チームメイトたちだったなんて、何か因縁めいていますね。

#8ハル(佐藤)自身、「思うところはあった」と三菱電機戦を認めています。

それでもレッドウェーブの一員として、

また今シーズンの3Pクイーンとして、チームの勝利に貢献してくれました。

チームが苦しむなか、自分の思いを振り払って、安定した力を見せてくれたことは、

レッドウェーブのとって、本当に大きな力となりました。

さぁ、土曜日からはシャンソン化粧品シャンソンVマジックとのセミファイナルです。

簡単に2連勝できる相手ではありません。

苦しい時間帯もあるでしょう。

そんなときは#8ハル(佐藤)がチームに勢いを与えてくれるはず。

クォーターファイナル終了後、ハルはこう言ってくれました。

「もうモヤモヤしたものはありません」

ともに勝利を目指した前チームメイトたちの分まで、

そして、

ともに勝利を目指す今のチームメイトたとともに、

彼女自身、初のファイナル進出に向けて、突き進みます。

プレーオフ・セミファイナル、シャンソン化粧品戦は

27日(土)、28日(日)ともに、秋田県立体育館で13時ティップオフ
(1勝1敗になった場合は、同会場で3月1日(火)に第3戦)

みなさんの熱い声援を、#8ハル(佐藤)とレッドウェーブに。

よろしくお願いいたします!

🔗 Twitter ★Red Wave公式アカウント
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave 17th Wリーグ特集
🔗 富士通バスケットボール部 Red Wave HP